オカモトケイトに恋してみました

オカモトケイトに恋してます

NEWS LIVE TOUR 2018 EPCOTIA(※ネタバレあり)


こんにちは。お久しぶりです。
年明けてからはそれまで怒涛のようにJUMPラッシュだった生活が落ち着いて、充電完了したKAT-TUNと緩くNEWSを観ていた。
4月には1月ぶりの東京ドームKAT-TUN魂に参戦した。


あまりにも色んな感情が通り過ぎてしまって、感想を書き留めることもできず後悔してしまったので、今回NEWSのコンサートに入って溢れ出すこの感情を久しぶりにブログにまとめたいと思います。
Twitterになれてしまってブログを書いてしまうのは怠くなってしまっている。
でも過去の記事を読むとあぁ〜あの時は楽しかったなぁ。その当時の自分の心境を読み返せるのはやはり良いものだ。
今回のNEWSのEPCOTIA TOURも堪らなく良いものだったからここに書き留めたい。
あとNEWS自体がネタバレを自重してほしいと公言しているのでファンの中でもツアー中はセトリなどコンサートに関するツイートも原則禁止という暗黙のルールがあったりして、ほかのグループのファンにNEWSが今ツアー中ということを知られてないのは悲しすぎるのでもうすぐ終わってしまうが、NEWSは素敵なグループだよって改めて知ってもらいたいという意味も込めてこのブログに書き記します。


ですから

ここから先はEPCOTIAのネタバレが書いてあります。
私の勝手な考察も入ったりしています。
まだツアーに参戦していない方でネタバレ見たくない方はここから先は閲覧をご遠慮ください。
クッションはここでします。








いいですか?









ネタバレですよ???







ちなみにパンフなどはまだ買えていないので今後パンフを読んでまた追記や修正をしたりする場合があります。

あとジャニーズwebにて連載中の加藤シゲアキ「シゲアキのクラウド」の中にある「加藤シゲアキによる極私的ライナーノーツ〜EPCOTIA編」の情報はインプットしてあります。
ちなみにヲタク顔負けのはてブロ読んでるかのようなアルバム考察だよ!当事者だから当たり前だけど事細く書いてあるから今回コンサートに入らない方でもアルバムは買っている人は読みながら聴くと捉え方が変わるから、読むのをオススメします!長文だけど楽しいよ!面白いよ!ヲタクのことはヲタクのシゲアキさんが分かってる!作家さんだからってこともあるかもしれないけど正直あんまりそこは関係ないと思っている

コンサート終えたてホヤホヤの感想を今ここに綴りたいので書きます。



ありがたいことに今回広島・大阪公演をお邪魔しました。大阪公演の記憶がまだ新しいのでそこの記憶の方が濃いと思います。あと久しぶりにこういうこと書くので色々と読み辛いところがあるかと思いますが、お時間がある方はお付き合いいただけたら幸いです。誤字脱字があれば教えてください。語彙力が欲しい。






EPCOTIAネタバレいきまーす!(アムロいきまーすのノリ)












今回NEWS初のデジチケということもあり、会場する前から色んな意味でドキドキ(ありがたいことにアリーナとスタンド両方楽しめました。連れてってくれた友人には感謝しかない)
構成は円形(又は正方形。会場によって若干構成が変わってるらしい:友人情報)センステでそこに十字に通路が繋がっている。メンステとバクステがないと想像すれば分かりやすいと思う。センステだけどそこがメンステみたいなのものだ。
そこには360℃のモニターがついてて「NEWS EPCOTIA」と今回のLIVEのロゴが映されている。
2013年の10周年幸福魂を彷彿させる構成だった。
個人的に幸福魂が初めてのNEWS魂だったので、その時の記憶も蘇った。

しばらくするとそのロゴが消え、とある映像が流れる。
ほぼ開場時間に入ったのだが、おそらく20分毎にEPCOTIAのアルバム初回盤を購入された方は分かるかと思いますが特典DVDの映像がそのまま流れている。
尚、映し出される度に360℃のモニターが上下に動く。
コンサート中の注意喚起みたいなものだ。
これも今回のEPCOTIAのテーマが"宇宙"ということもあり、宇宙船の乗船に関する注意のような映像に仕上がっている。自分はこの宇宙船に乗る乗客だと開演前からボルテージが上がる。この時点でやばい予感しかしない。


開演直前また同じ映像が流れる。
2015年のQUARTETTOから取り入れられている制御型のペンライトが制御されている。
そしてそのまま新しい映像が流れる。
NEWSクルーがそこに映し出される。悲鳴がハンパない。
なんかかっこいい片目ゴーグルつけてる(名称が分からない)。やばいクソイケメン。
最初に映されるのは小山さん。肌が綺麗。年上なのに私より肌が綺麗でムカつく(理不尽)。そして我が自担手越さん。かわいい。かっこいい。顎ラインがシュッとしてて最高にイケメン。ヴィジュアル天才。そしてシゲ。なんかタッチパネル操作してるイケメン。NEVERLANDでもタイプライター打ってたよね。映える。映えだ映え。最後に増田さん。赤毛がこんなに似合うイケメン彼しか知らない。知りたくもない。
そして飛行船が映し出され機体が間も無く発進することが分かる。それとほぼ同時にカウントダウンが始まる。

10

制御型ペンライトがカウントダウンと連なって光り始める。ここがすごく綺麗。やばい。興奮する。もうすぐ発進する。NEWSに会える。数字が若くなるたびに、心拍数が上がる。


0


ステージにひっついていた360℃モニターが上昇していく。
するとそこには宇宙船が。EPCOTIA LINERだ。
そうだと認識したと同時にイントロが流れ始める。


01.EPCOTIA

Aメロが始まり歌い出しの増田さんの声が聴こえる。
「声あげろEPCOTIA今、時は来た」Hey!!!!!
「人類があの宇宙(そら)に初めて飛び立った」Hey!!!!
ペンライトがHey!と同時に光る。
まっすー!どこーーーー!!!!
「1961 そして、また一歩 はじめろカウントダウン」
シゲ!!!私のリア恋枠候補のシゲー!!!!結婚してー!!!でもどこーー!!!!
歌声は聞こえる。ステージにいるのは分かる。でも見えない。え。なにこの焦らしというより生殺しプレイ…!!!もーどかーしーい!
「Are you ready?未来はもうすぐそこ
I’mma ready 飛びこんでみようよ」
小山さん!!!!準備できてます!!!バッチリです!!!でもどこ!?!?
だが、さすがNEWS様。ずっとそんなプレイは続きませんでした(なんだかんだ楽しんでたやつ)
「Are you ready?未開の惑星(ほし)へ」
手越さん!!!!!!
ひゃ!!!そしてちょっとなんか見える!!!

「NOW BOARDING Lead into EPCOTIA」
サビ直前の手越祐也様の最高のビブラートと共に液晶が完全に上に上がる。
するとそこには
宙吊りになったNEWSが。
Wow.amazing.
え。私今もしかしてシルク・ド・ソレイユ観に来た??(※観劇経験なし)
こんなすごい体勢で歌ってるジャニーズ初めてみた。
もしかしたらABC-Zのファンは見慣れた光景かもしれない…?だとしたら凄いなジャニーズ。

サビが終わると間奏に入り、またモニターが少し降りてきてNEWSが隠れてしまう。
すると下にあったEPCOTIA LINERが分裂をし始める。
そしてセンステが上がっていく。
そこにはJr.が。NEVERLANDの機関車と同様Jr.が宇宙船に扮してた。凄いぞ。Jr.の使い方が天才過ぎる。
各宇宙船のパーツを持ったJr.がフワフワと動かしている。
宇宙船が発進したことにより無重力が発生し、それをここで表現したんだろう。凄い。色んな意味でリンクしてる。歌詞にも世界観にも。

間奏が終わるとまた液晶が上がり今度はステージにonしたNEWSがー!!!降りたったー!!!!
やっと会えたーーーーーー!!!


衣装も素敵!
さすが衣装プロデュース増田貴久!最高!!
NEVERLAND展お邪魔して再認識したが、一瞬みんな同じ衣装着ているような統一性はあるが、細かく見ると全然違う。1人1人の個性がハッキリしてて、各パーツの丈も違うし、柄も縫い方も違う。これをプロデュースしたまっすーも凄いが、これをちゃんと完成させる衣装スタッフも凄いと思った。職人さんの愛情が伝わった。


02.KINGDAM

暗転し、明転するとJr.はいなくなり、NEWSは衣装が変わってる。
真っ赤な衣装。赤以外の色がなかった。
凄い奇抜だけどみんな似合ってた。
初披露された時は真っ白な衣装だっただけにギャップが凄かった。

Wow o wow o.....

イントロが始まると踊り始めるNEWS。
1列になって手越さんが最前列で一番最初にニッコニコの笑顔で。この顔が超絶可愛い最強堪らない好き。入った公演今のところ一回も見逃すことなくガン見してる。全部可愛かったさすが天才アイドル。
恒例になりつつあるサッカーソングということもあり今までの振付が散りばめている。NEWSにほぼ専属の振付師である"振付稼業air:man"さん。キャッチーでファンもマネしやすい。
正直ANTHEM大好きだった芸人だったので、KINGDOMに関しては初見ではそんなに心打たれなかった。でもコンサートで見たら全然大好きになった。凄い。コンサートきっかけに急激に愛着が湧く現象を久しぶりに体験した。
センステでNEWSが踊る姿が見れて本当に会えたんだーって、やっとここでコンサートにきた実感が湧き始める。


03.TWINKLE STAR

もう!!!この!!!!手越さん最&高!!!!!!!!
手越担は全力で頷いてくれるはずだ。めっちゃ可愛い。可愛い。ひたすら可愛い。目が離せない。離れない。だから他のメンバーの記憶がほぼない。それぐらい可愛い天才。サビ最後の(´・ш・)TWINKLE STAR♡と、このように語尾にハートが見えるくらいの可愛さ。いやなんで手越祐也こんなに天才的に可愛いの。これが30歳って嘘でしょこんな世界信じたくない私より年下に全然見える。
ステージの十字に各メンバーバラバラになってしまうので、席によっては見辛さは出てしまうと思う。でもTWINKLE STARはモニターに映されるので入った方にはぜひ見てほしい見ろ。
ちなみにアリーナ入った時は死角になっていたので近くにいたシゲアキさんみたらめっちゃかっこよくに色気含めて踊ってて、TWINKLE STARってメンバー色が出るんだなって思った。これは担当によって捉え方が全然違うと思う。
TWINKLE STARは手越祐也最強最高アイドル堪らんって再認識させられた。
踊りもキャッチーで見てて楽しい。マネしたくなる。


03.紅く燃ゆる太陽

"紅く燃ゆる太陽 溶けて逝く
遥か地平線の果て目指し 駆け出そう"

はけたJr.も出てきて、ここを力強く歌ったかと思えば、手越さんが(´・ш・)dance♡と言った後にでかい特効がきて、びっくりするし、尚且つカッコよくガシガシ踊るもんだから、もうカッコいいと可愛いが混じった感情が発生して忙しかった。顔は可愛いのに魅せ方がカッコいい。え。好きしかない。
4人で歌っているからかCD音源と若干音が違う気がする。キーが高くなってると思う(自信がない)。


04.LIVE

ぎゃああああああああああああ!!幸福魂出のど新規の私は初見ですよーーー!!!!会いたかったー!!!初めまして!オーイエー!!!!!!!
前奏中にJr.になんかつけられるNEWSちゃん。
この時にJr.にウザ絡みするてごにゃん可愛い。困った顔するJr.も可愛い。同期の大河くんは若干呆れ顔で同期ー!!って関係性に萌えたりしてた。
Aメロが始まると各十字ステージにいたメンバーが機材上からゴム紐に吊り下げられ飛びながら、センステを経由せず反対の十字のステージに移動する。紐にぶら下げられながらピョンピョン〜と上下運動するアイドルたち。衝撃映像。でも可愛い。しんどい。
まだ私たちは無重力にいるのね。宇宙にいることを思い出した。

(´・ш・)何もないまんまで過ぎて行く そんな日々は もうやめた

歌い出しが手越さんでしかも超可愛く歌ってるの。ぶりっ子してるでしょって言いたくなるぐらい楽しそうに飛びながらぶら下げられながら歌う手越祐也最強アイドル可愛い。可愛い。好き。自分のパートが終わると(´・ш・)てごにゃんだよ〜!!♡やっぱりぶりっ子してた!!!!確信犯かよ!!!!天才!天使!!!NEWS全員エンジェルになってた。可愛いの塊。
ステージに舞い降りるたびに、また機材をJr.に付け替えてもらってまたその隣のステージに飛ぶ。ほらやっぱりNEWSちゃんは天使でしょ????その度にてごにゃんJr.に絡む。可愛い。

Cメロに入る前にまっすーがリ`▽´ノリシゲが、回ります。と言うもんだからどうするのかと思い、シゲを見ると笑顔で宙でくるりんと回る加藤シゲアキ30歳の威力
そして、全員ステージから降りたかと思えば

"抱きしめてもいい?抱きしめてもいい?抱きしめてもいい?抱きしめてもいい?"

このパートのシゲアキの可愛さやべえよ。まじでやべぇ。エアハグラッシュかましてくれるんですが、その動きがまじで可愛い。分かる人には分かる話ですがコンサートで歌うさくらガールの目をくしゃくしゃにするシゲアキを思い浮かべてくれれば容易に想像できると思う。その顔でエアハグされてみ???無理じゃない???あまりにも可愛すぎてあんなに手越さんにロックオンだったくせに、ここだけはシゲアキに視線奪われちゃう。好き(ちょろい)


05. ワープ中 -INTER-

暗転してモニターには宇宙の映像が。
あ。私、宇宙にいた(忘れがち)
しばらくするとLETS GO TO THE PLANETSがBGMに流れ始める。何気にこの曲、2012年の美恋で披露されましたが、元は2004年の希望〜yell〜のカップリングで思ったよりも歴が長かった。多分宇宙だし歌うだろうなぁって勝手に思ってたらここで使われるとは。急にゆるゆるな空気感。そして謎の生物が出現する。あれは宇宙生物…!!!??
初見の時はキモ可愛いには至らず子供によっては近くでみたら見たら怖すぎて泣くやつでは…?と思ってしまった。
3匹(数え方合ってる?)の宇宙生物の可愛いやりとりが見れます。今後の展開が楽しみになる。ワクワク。


06.LPS

また暗転して、明転すると宇宙生物はいなくなり、NEWSが大きい外周にのって登場。
衣装も変わって銀のポンチョみたいな可愛いのにカッコいいやつ。外周が高くなって、スタンド前列まで高く上昇する。会場によると思うが広島ではスタンド2列目で同じ目線。城ホでは4列目あたりが目線同じぐらいの高さになってたと思う。
そこでびっくりなのはNEWS4人連なってまとめて移動してくる。ドームだと当たり前の光景かもしれないけど、NEWSファンは担当ロックオンすることもあるけど、箱推しの人も多いからスタンドに入り外周まとめて全員でこられると待って!!!1人1人見たい!!!まとめてこないで!!!!って現象に見舞われる(個人談)
アリーナに入ると当然見上げる感じになるのでステージに現れたJr.を見ながらLPSのフリをやる余裕はあるが、スタンドの人たちはそんな余裕ないと思う。スタンドに入ってLPSのターンでNEWS来た時に踊れた試しがありません。無理。感情が忙しいんだ。そしてまとめてくるな(贅沢)


07.NYARO

まだ外周半分残っている。
もう定番になったNYARO。
C&R楽しい。コンサートきたー!!!って改めて実感。
もうほんとうにNEWSにこんにゃろー!!!って言いたくなります。
ファンを煽るNEWSちゃん可愛い。


08.恋する惑星

外周を綺麗に1周して、ステージに戻ってきます。
LETS GO TO THE PLANETSに近い可愛いソング。NEWSってみんな30歳越えたのにまだまだ全然可愛い歌いける。余裕。それぐらい若いし、本人たち自身が可愛い。振付も可愛くて堪らない。Jr.も踊ってて、ファンも踊らされます。そしてNEWSちゃんたちも可愛く踊ってて堪らない。十字ステージ全方向、全員で移動します。
集団行動NEWS可愛い。まっすーの可愛いラップで3人がぎゅーってするの堪らない。KA!WA!I!I!!!!!
嬉しい!楽しい!大好き!!!!


09.銀河ラプソディ(小山さんソロ)

小山さんと山下さんの未音源ユニットソング。
2年前も錦戸さんとの未音源ユニットソング「ロメオ」に続いて、ソロとして復活させた。
映像から始まって物憂いにふけてそうな小山慶一郎がモニターに映る。最年長の色気を醸し出してきます。
曲中も映像が挟み女性と絡み合うシーンが凄い…そして身体を鍛えているから脱ぎたがる小山さん健在。
うーん、やはり脚長くてスタイル抜群だし肌も綺麗で、なぜか女としてジェラシー湧く。カッコ良くてズルいと感じてしまう(謎)


10.Sweet Martini

待ってましたあああああああああああああ!
マティーニさまああああああああああああ!

チュムチュムのカップリングで歌って欲しすぎて少プレにリクエストしまくってた楽曲の一つ。私の大好きな作詞家でもある「zopp」さんが提供してくれた楽曲。あんなに可愛いのが続いてたのに、小山さんのソロの延長で色気ソングの流れ天才!!!!!!衣装も変わって金に近いテイストのワイシャツと黒パンツ。
まっすーの「Sweet Martini Baby」聴いた瞬間、意識飛びそうになった。歌声だけなのに、色気が凄い。
これも十字ステージに分かれて、歌うんですが、手越さんお得意の可愛いのにかっこいい現象発生
不敵な笑みを魅せながら踊る手越祐也本当にかっこいい。好き。しんどい。

"胸に秘めたこの思い もしも打ち明けたのなら 全てが壊れてしまう Can' t do it I know I know I know but I can't Oh no
叶わぬ恋と知っていても"

ここのマスシゲやばい(やばい)
モニターに二人が良い感じに映し出されるんですが、シゲが上ハモでまっすーが下ハモの親和性やばい(2回目)
二人がハモるのは珍しくなくなってはいたんですが、こんなお色気ソングでお色気が100倍ぐらいに感じられる威力。
最後はシゲソロパートですが、上ハモの延長で高めの声で歌い上げる姿は妖艶。

サビで各メンバーの"I'm so into you"がモニターに映し出されるんですが、アタックされている立場なはずなのにもうこっちはメロメロになっちゃってます。好きすぎてつらいです。こんなんされて落ちない女の人は凄い。尊敬する。ちょろい女だからすぐ落ちる。
曲半ばで一旦全員がセンステに戻るとそこにはバーカウンターが登場してる。マティーニらしきものを呑むメンバー。空グラスだと思ってたら、アリーナから見るとちゃんと丸い氷と水が入ってるのが見えてそれを不敵な笑みを浮かべながら本当に飲んでた手越さんを目撃した時はやばかった。エロくて頭おかしくなった。


11.madoromi

あんなにお色気たっぷりソング歌っておきながら今度はバラードで聴かせてくるNEWS。
高低差激しすぎて耳がキーンなるわ。
LPSのカップリング。
上から目線になってしまうが、去年のNEVERLANDからカップリングを積極的に入れてくれるようになってすごく嬉しい。幸福魂入ってNEWS好きになってコンサート行くとカップリングのあまりにも歌わなさに驚いた記憶がある。あの曲聴きたいなぁってなってコンサート入ってみると楽しかったけどあの聴きたかったなぁってなることがあった。
こういう成長が見れて本当にただただ嬉しい。
素敵な楽曲が多いから、これからも積極的に少プレでも歌ってほしい。
曲が終わり暗転すると会場からあったかい拍手が溢れて胸がジーンとなる。


12. ドッキング -INTER-

暗転し、またモニターには宇宙の景色。今更なんですが、このナレーションというか機長を声優の沢城みゆきさんがやれているんですが、こうやってジャニーズと声優さんが一緒にお仕事してくれるのは昔声優さんが大好きだったので個人的にすごく嬉しい案件。
沢城さんはたくさんの役を演じられているのでwikiなどで調べればどれか知ってる作品に触れていると思うので良かったら調べてみてください。
コヤシゲが出演する「NEWSな2人」のナレーションも務められています。
沢城さんの色気が含まれるクールな機長の声は堪りません。
NEWSクルーと沢城さんの絡みが聞ける貴重な音声でもあります。


13.チャンカパーナ

正直に言おう(n回目)
もう聞き飽きた。もうお腹いっぱいだ。
音楽番組に出たと思えばチャンカパーナ
ライブでもチャンカパーナ
もうチャンカパーナはいらない!!!!!ってなるぐらいチャンカパーナ聞き飽きた。
だからイントロ流れた瞬間、先ほどまで上げられたボルテージはただただ下がりになった。萎えた。
嘘でしょって思った。それぐらい耳タコレベルの楽曲だったのだ。
私のテンションガタ落ち。

かと思いきや。センステに現れたNEWSちゃんたちは観客側ではなく、向かい合っている。
そして真ん中にはなんか機材がある。
なんだ。あれは。
モニターを見るとNEWSメンバーの正面姿が映されている。カメラだ!!!!
そのカメラには三脚とセルカ棒みたいなのがついてて、パートが変わるとそのメンバーが次のパートのメンバーにくるりん!と回してそれがモニターに映し出されていた。なんだこの機材は。
サビ入りまではみんなまじめにパートごとにセルカ棒をメンバーに回していた。
サビが始まるとおふざけモード開始。セルカ棒の取り合い。誰かが投げては誰かがキャッチしてカメラを独り占め。私が入った広島はシゲがひたすら回してはほかのメンバーがキャッチする前にキャッチしたカメラを独占してはお手振りをして「きゃー!!!」って歓声も受けていた。
ふざけんなよー!ってメンバーも怒💢ってやってて可愛かった。
城ホではまっすーになかなかセルカ棒がいかず「次、俺ね?俺ね?」って目線でメンバーに訴える姿があったり(ありがたいことにスタッフが気づけばそのシーンを他のカメラが映してくれたりもする)。
オッケーオッケーっていいながらまっすーには回さないメンバー。可愛いいたずら。別の日には小山さんがターゲットになってた。
チャンカパーナはファンサ曲になっていたのであんな風にわちゃわちゃメンバーが遊んでるだけのチャンカパーナは初めてみた。

撤回しよう。

ありがとうチャンカパーナー!!!!!!君は天才だーーーー!
というかあの機材を作ってくれたスタッフに圧倒的に感謝。ヲタクがただただ楽しい時間になった。

衣装も変わっていて、広島でまっすーが教えてくれたんですが、その衣装はシゲが撮影した写真をプリントされているんです。グループチャットで誰か良さげな写真送ってと送ったらシゲしか返事がこなかったという切ないエピソード。でもマスシゲ好きには堪らないよ!!!
まっすーがシゲ大好き♡ってなる理由もよく分かったエピでもある。コヤテゴは良い写真がなかったから送らなかっただけだよ!!!←
そこも良かったら注目してください。


14.JUMP ARONUD

少プレで披露され、CDTVSPでも披露されてほかのグループのファンからも「え!NEWSかっこいい!」と評価を受けたこの楽曲。
そうなんです。うちの子たちかっこいい曲もできるんです(誰)。
増田貴久プロデュースソング。
NEWSファンなら有名ですがまっすーはHIPHOP楽曲が好きなので、THEまっすープロデュースって分かりやすいです。
ニコニコスマイルまっすーのイメージが世間には強いかもしれませんが、まっすー本当にかっこいいんです。イケメンなんです。ギャップの塊なんです。堪らないんです。最高です。
かっこよくてどこかチャラさがある踊りたくなる楽曲。
Jr.とガシガシ踊って、さっきまでチャンカパーナでニコニコ遊んでたメンバーとは思えない。この時の手越祐也も最高。イケメン。好き。堪らない。可愛い。かっこいい。好き。


14.BLACKHOLE

またまたチャラい曲続き(言い方)
バリバリのHIPHOP!
シゲのライナーノーツでも「『JUMP ARONUD』踏まえて作ったと言ってもいいんじゃないかな」の書かれているのでそれぐらい
かっこいい!
まっすーがひたすらカッコいい。
最初はまっすーのラップで超カッコいいです。
"Ok, yeah let's get it!
宇宙の七不思議
キミは black hole (Black hole)
中を覗けば 即直滑降 (Oh shit!)
身にまとってるドレスは真っ黒 (真っ黒)
キミは good girl それとも悪女?"

まだラップはあるんですが、この悪女?のところヤバいです!!!客席の悲鳴がやばいです。
私も何回入っても声出ちゃう。それぐらいかっこいい。
色気が凄い。これはCD音源じゃ伝わらない色気。
この時のまっすーは本当にかっこいい。
手越さんの高い歌声も響き渡り最高です。
ライナーノーツで「私も頑張っております。「1」「2」「3」聞き所でっせ」と言っているだけあって、そこのシゲアキカッコよすぎる。
かっこいいNEWSがただただ見れます。


15.Thunder(増田くんソロ)

まずはシゲのライナーノーツ見てくれ。頼むから。
それを読んで聴いて。コンサート入るともう泣きたくなる。涙が溢れる。増田貴久最高ってなる。
まっすーの叫びが伝わる。アイドルってなんだろうって考えさせられる楽曲でもあった。
先程まで激しく踊る演出が続いていたので、一筋の光とまっすーの歌声だけというシンプルな演出になりすごく静寂。まっすーは叫んでるのに。どこか静かな空気感。
この時の空気だけはなんて表現すればいいのかよく分からない。


16.氷温(シゲくんソロ)

その冷たい空気感の余韻を残した上での"氷温"流れが天才かよ。どちらの空気を壊すこともなく自然な流れで始まる。
シゲアキ大先生の演出は相変わらず加藤シゲアキワールド全開で、ただただ見惚れる。
うまく言葉で説明できない。しかも考察全くできてない。3回もみたのに相変わらず難し過ぎて分からない。
ライナーノーツでは正解はないそうなので。リスナーに投げる、のもコンセプトの一つだと。
ぼけーって見ててもいいよってあったので、素直にぼけーって見てます。
ただ、最後シゲアキがヒールを履く演出はやばい。
欲を言うと歩いてほしかった←


17.AVALON

シゲのソロをうまく説明できていないので、あれなんですが、シゲのソロの演出をそのまま延長して使ってあります。Jr.もその世界観に若干加わります。そして気づいたらいなくなってる。
十字のステージで各メンバーが分かれる。
個人的に好きな楽曲なので、しっとりと聴けて嬉しかったです。
歌詞にさくらとある通り、最後桜が振ってピンクに染められる会場はまた綺麗です。
桜吹雪と言っても過言ではないぐらいメンバーはさくらまみれなんですが、そんな中でも一生懸命歌い上げる姿は美しくて儚くて桜と一緒にどこかに言ってしまいそうな手越さん見て泣きそうになったのはここだけの話。
最後にシゲが片手に桜を集めてファーって桜を飛ばす姿はカッコよすぎた…


18.IT´S YOU

AVALONと似てシンセが濃い曲。
だから流れが天才かよ。
コヤシゲ・テゴマスのシンメに萌えた演出でもあった。
センステで歌いますが、サビもメンバー全員で踊ることも歌うことははなく、コヤシゲはただただハモリに徹する。テゴマスはサビの主旋律を交互に歌うと言う珍しい楽曲でもあり、手越さんが主旋律歌ってる時はまっすーはひたすらガシガシ踊って、入れ替わるようにして増田さんが主旋律歌うと手越さんがガシガシ踊る。コヤシゲはその両サイドで歌う。
あんまりシンメ萌えはない体質ですが、これはシンメエモいってなりました。
手越さんがただ美しかった…。


19.星に願いを

まさかこの曲を前半に入れてくるなんて思わなかった。
終盤に歌うと思っていたので色々と予想外。
十字のステージの一つにメンバーが集まって座るとそこのステージがまさかの上昇。お前も上がるのかよ。
上昇してクルクルとステージが回り出す。
メンバーが連なって幸せそうな顔で歌っている姿を見てこちらまで幸せになる。
AVALONとでステージ上にいっぱい散らばってる花びらを集めてメンバー同士でかけあったり、イチャイチャしたりと幸せな空間がそこにはあった。
ここもまた幸せ過ぎて泣きそうポイント。


MC

EPCOTIAの燃料補給の為、トークステーションをお楽しみくださいと機長に言われる。
楽しいMCタイムですね!!長かったね!?
ここまでで15000字近くいってるから自分でもびっくりしている。それだけ盛りだくさんなんだよ!今回のLIVEは!
これは各公演のレポで回っているので探してみてくださーい。本当にNEWSが仲良くて面白くて楽しい。
てごにゃんがひたすら楽しそうで可愛い。
年上3人(言うてもシゲは同じ年)は呆れながらも構ってあげる感じがまた可愛い。
嬉しそうなてごにゃんが可愛い。口を馬鹿みたいに開けて笑ってる姿は本当に愛おしいです。


20.プラトニック(手越くんソロ)

これはガチャです。
手越さん、MCの途中で機長に呼ばれて居なくなってしまうんですが、その理由が客席に移動するから
スタンドだったり、アリーナだったり神出鬼没です。
突然スターが目の前に現れるんだからお客さんびっくりだよね。
まさに手越祐也。手越さん大好きバラードソング。女性視点でもあるんですが、シゲのライナーノーツを見てくれ(n回目)
解釈を知って聴いて、それを歌い上げる手越祐也にもう好き。リア恋こじらせる。しんどい。
最後の「君だけを」の表情がたまらなくて!!!!もう!!!好き!!!!


21. 異星人とのコンタクトについて -INTER-

暗転して、明転するとまたあの宇宙生物が。
なんやかんやあってキャッキャ遊んでます。
UFO見つけて遊んでます。楽しそうだな。
すると機長から「宇宙生命体を見つけたらペンライトをかがけてください」と命令されます。
なんてタイムリ
みんなあのソードペンライトかかげますよね。
そしてもう一度ペンライトを消して、その宇宙生命体を指し、ライトを同時につけてくださいって言われます。
そこは手動なんだってふと我に返る。
"あ!見つかっちゃった!"って驚く宇宙生物たち。
え。どこから気づかれてないと思った!?!?
とんだ天然ちゃんだな!?!?可愛いな!?
すると"あ!UFOだー!"いやいや、お前らやん???そうやって逃げる作戦だろ!?って思うと暗転してとある曲が流れ始めます。


22.UFO

どうやら本当にUFOがやってきたようです。
ここからダンスメドレーです。NEWS自身も体力の限界と戦ってる感があります。
衣装も変わってピンクとオレンジのポップなカラーにシルバーが入っててUFO感があります(どんな)
私の大好きな手越祐也さんが見られる時間である。
ずっとニコニコ。今までの楽曲もニコニコ楽しく踊っていたけど、個人的になんでか分からないけどこの曲の手越さんがすごく好きである。
振付がシンプルで面白いんだよなー。
不敵な悪い笑顔と幸せそうな笑顔がいい感じに混ざって見られるからかな…?手越祐也の表現力本当にすごいんですよ。イッテQのイメージの手越祐也はいないんですよ…(MCではいるけど笑)
本当にカッコよくて可愛くて大好き。
有名なUFOソングありますが、それを彷彿させる振付もあるのですごく楽しいです。


23.EMMA

エマーー!!!ここでくるかー!!!ってびっくりしました。むしろここまできたらもう歌わないと思ってたから二重にびっくり。
NEVERLAND以来のEMMA。衣装がポップだけど、あのコートさえあれば一瞬にしてあの世界観が戻ってきます。さすがです。リップ音が健在でなによりです。
コンサートでしか聴けない手越さんの生歌のEMMA大好きです。


24.EROTICA

EMMAの余韻を残しつつ、色気を増すNEWSちゃんたち。セクシーです。
EROTICAを口説いてるはずなのに、どっちがEROTICAなんだか訳わからなくなる(褒めている)
ダンスがなんか可愛いけどどこかエロい。
手越さん、花魁みたいに見えた。女になって誘っているように見えた。私の中のおじさん心がなにか疼いた←
シゲも見て伏せ目が本当にエロいよーー!!!
シゲアキの伏せ目担みたいなところある。
そんなに激しく踊っているようには見えませんが女性らしい動きがいくつも取り入れられて体力奪われていくダンスだなって感じました。
でも手越さんは終始ニコニコ可愛い。凄い。一瞬足りとも辛そうな表情を見せないプロ。体力が底知れない。


25.メガロマニア

チュムチュムのカップリング!メガロマニアきたー!!!カップリングを大盛り上がりのところに入れてくるなんてどうしたNEWSー!!!!
あまりの成長ぶりにビビっている。
こんなにファンが見たかったものをみせてくれるなんてもうお腹いっぱいだよーー!ありがとうー!!!
でもここでメンバーの疲れが若干見え始める。
特に増田さんがキツそうで、見てて倒れるんじゃないかって不安になる。手越さんはそれでも悪い笑みを浮かべながらダンス。やだかっこいい。好き。小山さんも余裕ぶってるけどどこかしんどそう。シゲも時にふぅ!って気合いを入れ直している姿を見てあぁ!頑張れ!NEWS!!!ってなってる。本当に限界と戦ってる。
どうやって楽しんだらいいのかわからないけど、でもこのメガロマニアは本当にかっこいい。Jr.と一列になって交差するように踊って、ハロプロ好きなら分かるがモー娘。のシンクロダンス見ているようだった。
こんなことまでできるようになったんだねー!って成長を感じた。


26.MR.WHITE・QUARTETTO・NEVERLAND・EPCOTIA- REMIX-

メガロマニアが終わったかと思いきや今度は突然「MR.WHITE」が流れ始めます。4人なって復活して美恋・10周年の幸福魂なら考えると、世界観を作ってコンサートを4人でやるのは初めてのアルバムの代表曲でもありました。おぉ!懐かしい!
すると今度はQUARTETTOと4人の声とともにあのダンスが始まります。もうみんなの体力の限界マックス。
メンバーお互い「うぉい!ふぉーい!」ってリーダーでもある小山さんを筆頭に励ましあってて、カッコいいなぁってなった。忘れかけるけど、小山さんがリーダーだー!!!本当にカッコよかった。 QUARTETTOのダンス大好きなのでまた見れて嬉しい。
次はNEVERLAND。ナレーションも聞こえてきて、あれ。NEVERLANDに戻ってきた?って錯覚するほど。
そして次はEPCOTIA。あれ?やっぱりEPCOTIA?というかOPに戻ったな??ってなると、またNEVERLAND。ダンスがうまい感じにまとめられていた!はー!NEVERLAND大好きだよーー!!
そしてNEVERLANDを歌いきったかと思えば360℃モニターがステージ下まで下がり暗転。


27.時空の歪み-INTER-

暗転して、機長から"時空の歪みが発生しました"と知らされる。UFOとEPCOTIA LINERがなにかしらで接触してしまった影響??
モニターにはNEWSが時空の歪みに巻き込まれかけている映像が(?)。WHITE魂のように色んな指示が出ます。ペンライトかかげて!クラップして!口笛吹いて!足踏みして!
口笛とか割と無茶振りしてくるな!?!?(できない人)
あと手を繋いでペンライトかかげて!って言われるけど見本が欲しい。あんまりやってる人いない。
そして、"時空の歪みが戻りそうです。最後にまたクラップをお願いします"とリズミカルなクラップをやらされる。おや?このクラップどこかで聞き覚えが…??


28.4+FAN

モニターが再び上昇し、そこにはNEWSが。
NEWSが戻ってきたーー!!!
良かったー!!!!
WHITE魂のONEの時に着ていたやつと似ている大きめな服にまとわれながらNEWSちゃん登場。
アリトロに乗り、前半に乗ってた大きい外周に各メンバー移動。あ。今度はバラバラで移動するのね!
4+FANも定番曲になっていますが、この曲のC&Rは何回やっても楽しい!


29.D.T.F

大きい外周トロッコに到着したメンバーはまたそのまま周り始めます。
センステでJr.が楽しく踊ってるのも可愛い。
スタンドに入ってたときはもう目が忙しかった。
どこに誰がいるのかイマイチ把握できてなくて、尚且つDTFなもんだからリズムに乗らずにはいられなくて。
感情が忙しい。
まっすーが目の前にきて楽しくて思わず友達とうちわも持たずバイク乗る振りつけしたら、こっち見て笑って真似してくれて不意打ちすぎて担降りしかけた(ちょろい)
コヤマスが目の前で「俺だけを見てろよ」と小山さんがまっすーに顎クイするのを見れて大満足。


30.Weeeek

外周を半周したところでど定番のWeeeek!
もうこの曲を聴くとコンサートが終わりに近づいていると思ってしまうから、楽しいけど悲しくなってしまう切ないソングになっている。
この時にテゴシゲが目の前にきて、トロッコを乗り替わる時に手越さんがピョーンって両手上げて飛んでて可愛すぎて吐血するかと思った。5歳…天使…可愛い…辛い…好き。
友達がシゲ担だったので友達とちゃっかりシゲから目を合わせて「ありがとう」って言われながらお手振りいただいたので、ひゃー!男前ー!!!ってなりました。
私も手越さんに満面の笑みでお手振りもらえて泣いた。
あんなにお目々大きいのに、その目が線になってなくなるくらいニコニコお手振りしてくれて本当に天使だった…。離れたあとでも同じようにたくさんのファンの子にお手振りなどのファンサしてもうそれをただひたすら眺めるのが幸せ過ぎる時間だった…。
手越さんのファンサしてる姿見てるの本当に大好きでずっと見てられる。幸せそうにファンの声援に応える手越祐也最強最高アイドル。アイドルが天職ってよく分かる


31.U R not alone

外周トロッコが止まりそのまま上昇していく。
NEVERLAND以来のNEWSとみんなで歌う。
去年のドームみたいな辛い感じじゃなくて、幸せいっぱい溢れるU R notaloneだった。楽しかった。メンバーみんながあんなに幸せそうに歌ってる姿が見られるのが、こんなに幸せなことなんだと実感させられた。


32.イノセンス

あぁ、終わる…終わってしまう。
終わる。終わらないでーーーー!!!!帰りたくないよーーー!!!
NEWSらしい明るいけどどこか切ない楽曲。
外周から降りて、アリトロでまたセンステに戻って、センステでクルクル回りながら歌うNEWSを見て切なくなる私。
まっすーのパートでもある"今も心(ここ)で メロディー歌いながら"が大好きで増田さんの歌声の素晴らしさに感動する。
Jr.紹介もあって、手越さんがひたすら「MADE10周年おめでとう」って言ってて大河くんたち含めて同期愛感じた。
バイバーイと!また360℃モニターがまた降りてきてNEWSたちを覆っていなくなってしまうのはやはり寂しかったーー!でも楽しかったーーー!!!ありがとうーーー!!!


33.エピローグ-INTER-

機長が地球です。帰ります。的なセリフが聞こえる(もうここらへん記憶が曖昧)
エンドロール的なものがモニター流れてあぁ…終わっちゃったよー!嫌だよー!
そこには「END」の文字が。辛い。
終わらないでくれーーーーー!!
すると"終わっちゃった…さみしいな…"あの宇宙生物が。
分かるよ…寂しいよ…結局いいやつだったんだね…
"手を繋いで帰ろう!"と。可愛いな。あんたら。
3匹が手を繋ぐとモニターに映っていた「END」の文字の横に「ING」と文字が。
3匹が手を離すとその文字は消えてしまう。また繋ぐと「ING」が。
"みんなで手を繋いだらどうなるかな!"好奇心旺盛な宇宙生物可愛過ぎる。
そして会場のお客さんたちが手を繋ぎ始める。
するとそこに映し出された文字は…?


34.HAPPY ENDING

手越さんの歌声が響く。
そしてそれと共に上昇するモニター。
そこにはNEWSちゃん。ツアーTシャツとキャップまで被ってるメンバーが。
会場のみんなとNEWSとまた歌う。
"ひとりじゃない"と教えてくれたU R notalone。
"ひとりだなんて思ったら許さない"優しい曲調のわりには歌詞が強い。
NEWSはひとりじゃないよっていつも励ましてくれる。優しいグループ。あったかい。たくさんの人がこういうNEWSの楽曲に助けられる。私もそのうちのひとりである。
シゲが最後に「幸せにするんで、NEWSについてきてください!」って言葉には嘘は感じなくて。たぶんシゲもどこかで幸せにできる!!!って確信を得たんだろうなぁ。あんな強気なシゲちゃん見たらすきいいいいいってなる。小山さんの「明日から仕事頑張れよーーーー!!!」にも元気もらう。本当に。ありがとう。
手越さんの「今日は本当にありがとう!!!」ってキー高めの声で幸せなんだなって伝わる。
まっすーの「どうもありがとうございました」の優しい声聞くとソロ曲であんなに叫んでたまっすーはどこにもいなくて本当に嬉しそうで泣きそうになってしまいました。
NEWS好きだなぁ…


コンサートが終わり「当機は無事大阪に上陸しました。この度はEPCOTIA LINERにご搭乗いただき誠にありがとうございました」とナレーションが流れ、あぁ、楽しい宇宙旅行だったなー!と実感しました〜。
なにからなにでNEVERLANDに負けないぐらいのセトリと構成だった〜!大満足!


本当の本当に今回のLIVEが楽しくて愛おしくて堪らなくて、このグループを応援していて本当に良かったって今改めて実感しています!
ずっとついていきたい!
大好き!

こうやって振り返るとすごい文字数だな…20000字越えたよ…。
ほとんど手越さんと(時々シゲ)ぐらいしか見れてないから、ほかのメンバーがどこでどんな感じなのかは全然分からないのですみません…。
でも本当の本当に手越祐也は最高にカッコよくて可愛くて素敵なアイドルなんだよ〜!!
それも伝えたくて思わずココに書いて見ました…!!!


ここまで付き合ってくださった方ありがとうございます…!
またパンフ購入して読んで随時更新したい。
NEWSは楽しいグループなので少しでも興味が湧いた方はぜひ!NEVERLANDのDVD&BDどちらか購入して観てみてください!通常盤だと爆笑間違いなしのMC集がついてるぞ♡
本当に素敵なグループです!
どうかよろしくお願いします!


次はJUMP関連のこと書きたいぞ!
圭人くーん!元気ー????(*`Å´)♡