オカモトケイトに恋してみました

オカモトケイトに恋してます

DEAR.オカモトケイト[前編]

お久しぶりです!
いよいよツアー始まりますね!
初日!ということで昨日発売したばかりの【DEAR.】の感想を書いていきたいと思います。


実は初日入れることになり、今必死に曲聴きこんでいます。




1.invitation(Instrumental)

最初にオルゴールのぜんまいを巻くところから始まります。
もうこの時点でドキドキなんですけど、優しい音色と共に聞こえてくる女性の声。
愛する誰かに手紙を読みあげております。
読み終えオルゴールも鳴り終わり、しばらくすると奇妙な音楽と共にまた違う女性の声が。
ようこそ、とどこかへと誘われます。


2.Masquerade
↑のドキドキの余韻もなく突然始まります。
本当にこの繋ぎはすばらしく今まで聴いたアルバムの中で初めてのことだったから鳥肌が経ちました。
単体で聴くのとまた印象が変わります。
この2曲まとめて聴くとますます仮面舞踏会に招待された気持ちにさせられる。
金管楽器を使われた曲に個人的にべらぼうに弱いのですごく好きです。
めっちゃ口説かれる。圭人くんに「Shall we dance? My honey」って歌われるたびに声に出して「踊る!!!!」って言ってしまう。
あとめっちゃ強引だよね。SなJUMPちゃん素敵。


3. RUN de Boo!
ギャップ。急に可愛くなる。THE JUMPでC&Rの曲。
踊りたくなる感じが堪りませんね。
コンサートで95%歌うと言ってるので期待。


4. ドリームマスター
ラップもあり、有岡さん色が強い。だから新鮮。
ダンスナンバーかな?この曲でいろんな有岡さんが楽しめる。
今までありそうでなかったJUMPさん。


5. B.A.B.Y.
個人的に一番好きです。
色気たっぷりな雄也が楽しめます。
手拍子のリズムも好き。
サビの「Uh Uh Uh…」がすき!かわいい。
曲自体はかっこいいのにね!
一目ぼれした女性を口説く。口説いてばっかだな!笑
恋焦がれる感じも含めてかわいい。


6. キミアトラクション
だからギャップ。
かっこいいのとポップな曲がサンドイッチでくるからびっくりだよ。
これも↑に続き一目ぼれした女性に恋焦がれるアルバムの中の唯一のシングル。
16曲もあってシングルこれだけってすごくない?
JUMPちゃんサービス精神旺盛なのはうれしいけどこれだけ曲が多いとセトリ落ちが多いから辛い(※JUMPingCARトラウマ)
まぁ、それはおいといて。↑に比べて可愛らしい曲。男の子が頑張ってる感じが萌える。


7. Special Love
これもわりと好き。ラップがあるのに可愛さがあるかっこよさ(語彙力)
そして付き合ってるね!彼氏が元気のない彼女を励ましてくれてて幸せなカップルを彷彿させる。


8. Dear. 
前奏だけ聴くと秦さん「ひまわりの約束」が始まるかとビビッた。
あと歌割の偏りがひどい。
もうちょっとどうにかできなかったんだろうか。
歌自体嫌いではないけどそこが気になってあんまりいい思いを抱いていない。


9. Eternal
嵐っぽいなぁ~と思ったら作詞作曲多田慎也さんだった。納得。
Special Loveのカップルの続きかな?となるくらい今度は彼氏さんが彼女がいるから幸せと歌ってくれてる。
もうそのまま幸せになってくれ!!!
メロディーも心地よくて好きです。


10. SUPERMAN
これも作曲多田さんだけどガラッとイメージが変わる。
Wow… Oh Oh Eh Ohが好き。B.A.B.Y.と似てるね笑
あと圭人くんの英語のラップは最強bbb


11. order
前奏聴いてUVERworldを思い出しました。
今までの曲と打って変わって大人っぽい曲。
ワンナイトラブですね!大好物です!!!!
というかセフレか!気づいたら男のほうが好きになってしまったどこか切なさの残る歌。
あと2番の圭人くん最高!!!!!もう!!!!好き!!!!!!


12. Tasty U
KAT-TUNでも音楽提供してくださる私の大好きなKOUDAI IWATSUBOさんが作詞(共作)作曲されているんですが、KAT-TUNのBirdsを思い出しました。
これは女性に弄ばれる歌ですね。年下の男の子かな。
遊ばれてると分かっていても好きでいることをやめられない。
前半はわりと愛と恋に楽しさを含ませるものが多かっただけに恋が辛いと思える曲。




ちょっと長くなったので
ここで区切ります!!!
後編も早めに書けるように頑張ります!
ツアー楽しみましょう!!!!!!