オカモトケイトに恋してみました

オカモトケイトに恋してます

オカモトケイトとヤマダリョウスケ

みなさん、本日は3.14はWhite day.
去年まで私にとってはなんでもない日でした。
バレンタインのお返しくるかなぁぐらいでした。
でも今、岡本圭人くんと山田涼介くんのコンビ【やまけと】を愛する者にとっては美しい日になりました。
すごいね。我ながらキモい。

事の経緯はchau#初回プレスについてくる『ジャンジャン答えて!! ジャン!ジャン!JUMQ』です。
ジャンケンでチーム分け。まさかの私の大好きなやまけと。
さらにこのコンビでユニットソング出すとな。
やだ泣いちゃう。クイズ中はずっとニヤニヤが止まらなかった。

そしていよいよアルバムの発売。
まさかの圭人くんハモり&ギター担当。ほぼほぼ山田くんのソロパート。
なんと、圭人くんのソロパートがない。
なんだと。泣いてもいいですか。
まさかの山田さんがそんなことをしてくるなんて思わなかった。圭人くん大好きな山田さんなら圭人くんをうまく立ててくれると思ってた。
二人で話し合った結果とはいえ辛い選択肢だった。
これ岡本担両手あげてバンザイできる?
ただでさえソロパート少ない、あっても2番パートなのでコンサートで抜かれる確率は圧倒的に低い。
ユニットソングに望みかけていたところもあったのに。
おいおいそれはないぜセニョールだった。


でも生で聴いたら涙が止まらなかった。
『二人で作った歌』だった。山田さんの歌声と圭人くんのハモりとギターで『314〜時計』はこの世界に誕生したんだって実感してただただ感動した。
ファンも二人の世界観を壊すことなく見守っていた。
私は10/10の横浜アリーナの公演をお邪魔したのですが、その時は歌って演奏する二人をファンが暖かい目で見守ることによって完成される時間でした。




だがしかし、カウコンは完全に二人の世界だった。
ファン置いてけぼりだった。
え。私たちは一体何を見せられてるの?状態だった。
ツアーのオーラスで山田さんが大サビ前にスタンドマイクを外して圭人に駆け寄り歌ったとは聞いていましたが、カウコンで見たときは「あぁ、これか。いやきっとそれ以上のモノを私たちは今見せられている」って確信しました。
もう当時は一緒に入った友人に申し訳ないぐらい私は号泣してた。ただただ泣いていた。
山田さんも圭人くんも幸せそうな姿が見れて私も幸せだった。そんな時間を見せてくれた『314〜時計』には感謝しかない。
だからこの日を私は讃えたい。
この歌を作ってくれた山田さんと圭人くんに感謝です。
ありがとう。

最近は山田さんの圭人くんに対する愛情が歪みさを増してますが、圭人くんもまんざらでもないのでこれからも暖かくやまけとを見守っていきたいです。
たとえ腕を嚙みつこうがGPSをつけようが。
あなたたちが幸せならいいさああああああ!


そして今年の2.14のけとぺで圭人くんの手によって素敵なバレンタインになったのでお返ししなくてはですね。



Thank you Keito.
I always Love you.