オカモトケイトに恋してみました

オカモトケイトに恋してます

ジャニヲタが初めてK-POPアイドルの現場に行ったよ


お久しぶりです。
私のツイートを見てる方はご存じかと思いますが、最近K-POPにハマりまして。
そしてフッ軽なヲタクなので、そのまま勢いで現場行きました。
めっっっちゃ楽しかったです。
ですが、やはり同じアイドルとは言え、言わば外タレアイドル。
国が違えば文化が違う。
日本のハロプロ・ジャニーズしかアイドル追ったことないので、その中で感じたカルチャーショックを伝えていきたいと思います。



今回、チケットはお譲り頂き同行という形で参戦したので、FCについてはまだ詳しくは分からないのでそちらは省かせていただきます。

ちなみに行ってきたアイドルはSEVENTEENです。
2015年に韓国デビュー・今年日本デビューした13人組のグループです。
語り始めたら止まらなくなりそうなのでそちらも省きます。


9/4,5,6,8,9
2018 SEVENTEEN CONCERT
'IDEAL CUT' IN JAPAN

さいたまスーパーアリーナで5公演コンサートやっていました!
ファンミーティング含めると7公演ですかね。こちらはコンサートとは言わず、ただファン参加型のイベントなんですが(こちらも省きます)


1.グッズがコンビニで事前に買える。
1ヶ月前に予約開始し、コンサート前にグッズが手に入る。
これはありがたい…。本当にありがたかった。
当日しか買えないグッズもいくつかありますが、ほとんどコンビニで予約してコンビニで受け取れました。(クレカも対応)
当日現場でしかグッズ購入経験しかなかったので新鮮でした。
私はペンライトが欲しかったんですが、こちらは事前予約という形で、コンビニで先払いし、指定した日にコンサート会場で直接受け取るというシステムでした。
当日現場に行くと、通常のグッズ売り場とは別の場所に事前予約グッズ売り場が設けてあり、こちらで並ばずに受けとることができました。
初めての現場だったかともあり午前中に向かいましたが、秒で買えた為、時間があまってしまったのは予想外(おかげでドリボグッズ購入することができました←)


2.会場に入るとMVが流れてる
シンプルに感動
あの大きい会場で鑑賞会しているようなもの。
早めに入って大きい画面で推したちが観れる。
映画やテレビ番組の予告が流れてたりしてるのは遭遇したことはありますが、これは初めて。
あとジャニーズWESTはMVは流れていないけど、楽曲は流れているんですよね。ファンが歌いながら待つっていう。
それこそMVが流れているので公演開始直前になるとC&Rが始まって、本人達を拝める前からボルテージが上がる。ワクワク感が止まらない。
開演直前の最後のMVが日本デビュー曲で。
暗転して、音量も上がり、本人たちが登場したかのようなC&Rが!そのMVが終わると、次は本人登場…!
ひぇー!!この流れは個人的に今まで入ったコンサートで感情が昂りました。
これは早めに会場に入ろうとする動機にもなるし、開演直前の入場混雑の緩和に繋がると思うので、ジャニーズもぜひ取り入れてほしいって思った!


3.曲がすべてフルコーラス
感動(2回目)
バンドだと、フルコーラスは普通ですが、アイドルの現場では初めての経験でした。
推しのソロがたとえ2番のみでも絶対聴ける。
びっくり…!!すごく嬉しかったです。


4.公式ペンライトのみしかない。
びっくりしたのが、キンブレがなく、ジャニーズのようにツアーごとに変わるスタイルではなく、1回オフィシャルペンライト買えばずっーとそれが使えます。
これはK-POPアイドルどのグループもそうらしいです。
だから3,500円と知った時は高いと思ってしまいましたが、1回買ってしまえば今後もずっと使えると思えばだいぶ安い。毎年買い直さなくていいのは良い。
無駄に増えない訳だし。
SEVENTEENのペンライトはBluetoothで制御されていて、曲やパフォーマンスごとに色がコロコロ会場一面同じ色になるのは新鮮でした…。


5.C&Rが凄い。
ホント会場全体が一丸となってC&Rしてて迫力満点でした。バラードでさえ、C&R。もはや宗教
個人的にC&RがすごいグループはNEWSかなーって思っていたんですが、それに負けないぐらいの迫力があった。


だいたいこれぐらいでしたかね。
やはり似てるところもあれば全然違うところは違う。
すごく新鮮で楽しかったです〜!!
理解し難い文化もあったりもしましたが、そこはまた今度ですかね…!←


また余裕があるときにはぜひSEVENTEENのこと書いていきたい!

オカモトケイトと、留学と、Hey!Say!JUMP

お久しぶりです。
NEWS&KAT-TUN&Hey!Say!JUMP掛け持ちしているおりちゃんです。

前回はNEWS LIVE TOUR 2018「EPCOTIA」が楽しすぎて2万字のブログを書いてしまいましたよ。
そしたら6月の文春砲ラッシュくらいました。
小山さんの活動自粛発表を聞いた時は泣きながら友人に電話をかけました。あんなに泣いたの田口くん脱退以来だぞ!!!!小山さんのバーカ!!早く帰ってこい!!!友達を泣かせんな!!!!


4人のNEWSが大好きだからです。
私は4人のNEWSからハマったまだ新規なのですが、だから4人のNEWSが大好きだし、4人じゃなきゃNEWS見なくないし、私は受け入れねぇーからな!って強火です。
味スタ当落延期になって未だに心臓バクバクです。
そして水曜日に圭人くん脱退疑惑。
水曜日の夜、恐怖症ですよ。


本音を言います。
どことなく予感はしていました。
10周年YEARで彼だけお芝居の仕事がなかったこと。
あんなに本人はお芝居したいと発信していたのに。
それでも与えられなかった。
「H.our Time」作ったじゃんとか、けとぴができたじゃんとか、言われても、他のメンバーの仕事に比べたらやはり劣ります。
比べたらダメだよ、とかそういう言葉すらイラってしてしまうぐらいどこか心の中で納得いかなくて。


雑誌のインタビューでも卑下するような発言が多くて、せっかくドル誌買ってるのになんで悲しい気持ちにならなきゃいけないんだって思って雑誌買うことにも抵抗抱くようになりました(ただし、ヴィジュアル良かったら買ってる←)


私は元々田口くんでドルヲタデビューしている身なので、自分に自信が溢れているナルシスト気質な人が好きでした。まぁ、一番好きなのは顔なんですが。
その人がたまたまそういう性格だったってのもあるかもしれませんが、手越さんも似たような性格しているので、圭人くんみたいに控えめな性格の人が担当になるのは初めてのことでした。
最初は新鮮で楽しかったです。
そしてなにより歌って踊ってニコニコしている彼を観るだけで無条件でテンション上がってました。
あぁ、好きだなってキュンキュンしてました。


彼は優しいねって言われるたびに「それしか取り柄ない」と胸を締め付けられていただろうし、現に私は優しいって言うより遠慮している言葉がしっくりきてたし、バラエティで頑張って身体張ってるの見て面白いって思ったことはほぼないですし、"無理している"のが垣間見えて笑えなかったんです。
笑わせているって言うより笑われている演出が本当に嫌いで。徐々にレギュラー番組ほぼ放送地域外をネットで見ていたりしていましたが、見なくなりました。
だから今のいたジャンやリトラがどういう風になってるのか知らないし、TLでたまーに流れてきたのを拾ってくる感じでした。
シングルも2月以来からなく歌番組に出ないので日に日に落ち着き始めました。
歌って踊ってる姿が見たいのにそれすら見れない。
それ見たらチョロいヲタクだから一瞬で熱が戻るのに。


ファンでいるのも応援するのも貶すのもしょせんエゴしかないし、逆に私のこのスタイルを誰かにあーだこーだ言われる筋合いもない。
ただ私のツイートのせいで彼の評価が悪くなるのは嫌だと思ったから、ネガテイブ発言は避けていました。


そして今回の留学発表。
正直、大学退学したことは公式からは何も言ってくれなかったのに、留学することは報告するのかって思ってしまった。
周りが慌てふためく中、KAT-TUNでメンバーの脱退・充電・復活、NEWSで(主に手越さん)たびに起こる週刊誌。
慣れはしないし慣れたくないけど、初めての経験ではないからどこかふと落ち着いてしまっている。
留学って聞いた瞬間、赤西くんのことが横切ったし、赤西くんも当時は「グループ脱退ではない」と会見で強調していたのも覚えているし、戻ってきて結局数年後脱退したのも知ってるし、「脱退じゃないよ!良かったね!」って言われて全然喜べなかった。
それに薮くんが「JUMPに戻ってくるって言うのが、受け入れた理由の一つ」とコメントを聞いて「最初はグループに迷惑かけたくないから辞めたい」って言ったのかなって考えちゃったし、


だって脱退じゃないにしても一時期的にしても、事実8人のJUMPになる訳じゃん。
また自担がいなくなる訳じゃん。
なんだかんだJUMPのコンサートあったら行きたいし、当たったら行くだろうし、でもいざ始まったら自担がいないんですよ。いつも圭人くんばかり見てたから、見る人がいなくなるんですよ。


KAT-TUNの10ks入った時も頭で彼は脱退してもういないと頭では理解していても、いざコンサート始まると無意識に探すんですよ。いつも彼がいる立ち位置に視線が行くんですよ。彼のパートも暗記してる訳ですから、全然違う歌声が聴こえてくるんですよ。
「あ、この人こんなことしてたんだ」とか他のメンバーの新たな発見とかしちゃうんですよ、だって自担がいないから
辛いよ。ほんっっっっとに辛いよ??
コンサート中ほぼ泣いてた気がする。


自担がいないコンサートって本当に辛いから私は素直に「いってらっしゃい」って言ってあげられないし、今までずっといろんなことに対して中途半端だったあなたが今更できる???って疑ってしまってる自分がいる。
信じて待ってるなんて言えないし、言わない。


なにより田口くんのおかげでこの世に"絶対"は存在しないって思い知らされたし、だからJUMPに戻ってくるって言葉も信じられないし、信じてあげられない。
ごめんなさい。たぶん私はダメなヲタクだ。
信じてるよ!待ってるよ!!いってらっしゃい!!って言ってあげられない。

さようなら、愛おしい君よ - 盲目に愛でてます

過去のブログだけど田口くんが脱退発表した時に書いたブログ。


一番危惧しているのは8人のJUMPが容易に想像できてしまうこと。
だって、圭人くん、10年Hey!Say!JUMPやってて、圭人くんがいたから、JUMPに仕事がきたってことある?
私が知らないだけなら誰か教えて?
27時間TVでキスマイ合わせて16人中圭人くんだけキスマイブサイクに参加できなかった理由を誰か教えて?
いたジャンでなかなかロケさせてもらえなかった理由を誰か教えて?
圭人くんいなくても今のHey!Say!JUMP困らないじゃん。ってネガテイブになってしまっている。
圭人くんも留学って選択したのって、JUMPから離れても問題ないって思ってしまったんでしょ。
ヲタクは無力だ。私がこんなに必要としても、周りが必要としてくれない。なんでどうして。
あ、でも圭人くん海外行って一人で色々やった方がのびのびとできるのかな、最近忽那汐里ちゃんとかハリウッドでバンバンオーディション受けて映画出始めたから、そんな感じにどんどん大きくなっていくのかなって、圭人くん単体的な意味で考えたらかなりポジティブに考えられるけどね。
なんだったら私の好きな海外ドラマにいつかゲスト出演ワンチャンある!?(飛躍)まで考えた。でも日本にいながらマリウスくん出たじゃーん!!!!!(トドメ)


友人からは逆に「今年一緒にツアー行ってくれる?」って声かけてくれて泣きそうになった。
ありがとう。
圭人くんを好きになってたくさん素敵な人出会わせてくれたのも事実だし、好きになって、コンサート入るたびに「私この人大好きー!!」って幸せになったのも事実だし、圭人くんを好きになってからのヲタ活が楽しかったのも事実です。
たくさん幸せもらいました。
なんだかんだ大好きなんだと思います。
強いて言うなら山田さんが「納得してません」って顔で出てて、どこか心が救われたのも事実です。
一番悔しそうな顔してたな。


私はまだまだ心の整理がつきそうにありませんが、とりあえず今の思いを吐き出してみました。

NEWS LIVE TOUR 2018 EPCOTIA(※ネタバレあり)


こんにちは。お久しぶりです。
年明けてからはそれまで怒涛のようにJUMPラッシュだった生活が落ち着いて、充電完了したKAT-TUNと緩くNEWSを観ていた。
4月には1月ぶりの東京ドームKAT-TUN魂に参戦した。


あまりにも色んな感情が通り過ぎてしまって、感想を書き留めることもできず後悔してしまったので、今回NEWSのコンサートに入って溢れ出すこの感情を久しぶりにブログにまとめたいと思います。
Twitterになれてしまってブログを書いてしまうのは怠くなってしまっている。
でも過去の記事を読むとあぁ〜あの時は楽しかったなぁ。その当時の自分の心境を読み返せるのはやはり良いものだ。
今回のNEWSのEPCOTIA TOURも堪らなく良いものだったからここに書き留めたい。
あとNEWS自体がネタバレを自重してほしいと公言しているのでファンの中でもツアー中はセトリなどコンサートに関するツイートも原則禁止という暗黙のルールがあったりして、ほかのグループのファンにNEWSが今ツアー中ということを知られてないのは悲しすぎるのでもうすぐ終わってしまうが、NEWSは素敵なグループだよって改めて知ってもらいたいという意味も込めてこのブログに書き記します。


ですから

ここから先はEPCOTIAのネタバレが書いてあります。
私の勝手な考察も入ったりしています。
まだツアーに参戦していない方でネタバレ見たくない方はここから先は閲覧をご遠慮ください。
クッションはここでします。








いいですか?









ネタバレですよ???







ちなみにパンフなどはまだ買えていないので今後パンフを読んでまた追記や修正をしたりする場合があります。

あとジャニーズwebにて連載中の加藤シゲアキ「シゲアキのクラウド」の中にある「加藤シゲアキによる極私的ライナーノーツ〜EPCOTIA編」の情報はインプットしてあります。
ちなみにヲタク顔負けのはてブロ読んでるかのようなアルバム考察だよ!当事者だから当たり前だけど事細く書いてあるから今回コンサートに入らない方でもアルバムは買っている人は読みながら聴くと捉え方が変わるから、読むのをオススメします!長文だけど楽しいよ!面白いよ!ヲタクのことはヲタクのシゲアキさんが分かってる!作家さんだからってこともあるかもしれないけど正直あんまりそこは関係ないと思っている

コンサート終えたてホヤホヤの感想を今ここに綴りたいので書きます。



ありがたいことに今回広島・大阪公演をお邪魔しました。大阪公演の記憶がまだ新しいのでそこの記憶の方が濃いと思います。あと久しぶりにこういうこと書くので色々と読み辛いところがあるかと思いますが、お時間がある方はお付き合いいただけたら幸いです。誤字脱字があれば教えてください。語彙力が欲しい。






EPCOTIAネタバレいきまーす!(アムロいきまーすのノリ)












今回NEWS初のデジチケということもあり、会場する前から色んな意味でドキドキ(ありがたいことにアリーナとスタンド両方楽しめました。連れてってくれた友人には感謝しかない)
構成は円形(又は正方形。会場によって若干構成が変わってるらしい:友人情報)センステでそこに十字に通路が繋がっている。メンステとバクステがないと想像すれば分かりやすいと思う。センステだけどそこがメンステみたいなのものだ。
そこには360℃のモニターがついてて「NEWS EPCOTIA」と今回のLIVEのロゴが映されている。
2013年の10周年幸福魂を彷彿させる構成だった。
個人的に幸福魂が初めてのNEWS魂だったので、その時の記憶も蘇った。

しばらくするとそのロゴが消え、とある映像が流れる。
ほぼ開場時間に入ったのだが、おそらく20分毎にEPCOTIAのアルバム初回盤を購入された方は分かるかと思いますが特典DVDの映像がそのまま流れている。
尚、映し出される度に360℃のモニターが上下に動く。
コンサート中の注意喚起みたいなものだ。
これも今回のEPCOTIAのテーマが"宇宙"ということもあり、宇宙船の乗船に関する注意のような映像に仕上がっている。自分はこの宇宙船に乗る乗客だと開演前からボルテージが上がる。この時点でやばい予感しかしない。


開演直前また同じ映像が流れる。
2015年のQUARTETTOから取り入れられている制御型のペンライトが制御されている。
そしてそのまま新しい映像が流れる。
NEWSクルーがそこに映し出される。悲鳴がハンパない。
なんかかっこいい片目ゴーグルつけてる(名称が分からない)。やばいクソイケメン。
最初に映されるのは小山さん。肌が綺麗。年上なのに私より肌が綺麗でムカつく(理不尽)。そして我が自担手越さん。かわいい。かっこいい。顎ラインがシュッとしてて最高にイケメン。ヴィジュアル天才。そしてシゲ。なんかタッチパネル操作してるイケメン。NEVERLANDでもタイプライター打ってたよね。映える。映えだ映え。最後に増田さん。赤毛がこんなに似合うイケメン彼しか知らない。知りたくもない。
そして飛行船が映し出され機体が間も無く発進することが分かる。それとほぼ同時にカウントダウンが始まる。

10

制御型ペンライトがカウントダウンと連なって光り始める。ここがすごく綺麗。やばい。興奮する。もうすぐ発進する。NEWSに会える。数字が若くなるたびに、心拍数が上がる。


0


ステージにひっついていた360℃モニターが上昇していく。
するとそこには宇宙船が。EPCOTIA LINERだ。
そうだと認識したと同時にイントロが流れ始める。


01.EPCOTIA

Aメロが始まり歌い出しの増田さんの声が聴こえる。
「声あげろEPCOTIA今、時は来た」Hey!!!!!
「人類があの宇宙(そら)に初めて飛び立った」Hey!!!!
ペンライトがHey!と同時に光る。
まっすー!どこーーーー!!!!
「1961 そして、また一歩 はじめろカウントダウン」
シゲ!!!私のリア恋枠候補のシゲー!!!!結婚してー!!!でもどこーー!!!!
歌声は聞こえる。ステージにいるのは分かる。でも見えない。え。なにこの焦らしというより生殺しプレイ…!!!もーどかーしーい!
「Are you ready?未来はもうすぐそこ
I’mma ready 飛びこんでみようよ」
小山さん!!!!準備できてます!!!バッチリです!!!でもどこ!?!?
だが、さすがNEWS様。ずっとそんなプレイは続きませんでした(なんだかんだ楽しんでたやつ)
「Are you ready?未開の惑星(ほし)へ」
手越さん!!!!!!
ひゃ!!!そしてちょっとなんか見える!!!

「NOW BOARDING Lead into EPCOTIA」
サビ直前の手越祐也様の最高のビブラートと共に液晶が完全に上に上がる。
するとそこには
宙吊りになったNEWSが。
Wow.amazing.
え。私今もしかしてシルク・ド・ソレイユ観に来た??(※観劇経験なし)
こんなすごい体勢で歌ってるジャニーズ初めてみた。
もしかしたらABC-Zのファンは見慣れた光景かもしれない…?だとしたら凄いなジャニーズ。

サビが終わると間奏に入り、またモニターが少し降りてきてNEWSが隠れてしまう。
すると下にあったEPCOTIA LINERが分裂をし始める。
そしてセンステが上がっていく。
そこにはJr.が。NEVERLANDの機関車と同様Jr.が宇宙船に扮してた。凄いぞ。Jr.の使い方が天才過ぎる。
各宇宙船のパーツを持ったJr.がフワフワと動かしている。
宇宙船が発進したことにより無重力が発生し、それをここで表現したんだろう。凄い。色んな意味でリンクしてる。歌詞にも世界観にも。

間奏が終わるとまた液晶が上がり今度はステージにonしたNEWSがー!!!降りたったー!!!!
やっと会えたーーーーーー!!!


衣装も素敵!
さすが衣装プロデュース増田貴久!最高!!
NEVERLAND展お邪魔して再認識したが、一瞬みんな同じ衣装着ているような統一性はあるが、細かく見ると全然違う。1人1人の個性がハッキリしてて、各パーツの丈も違うし、柄も縫い方も違う。これをプロデュースしたまっすーも凄いが、これをちゃんと完成させる衣装スタッフも凄いと思った。職人さんの愛情が伝わった。


02.KINGDAM

暗転し、明転するとJr.はいなくなり、NEWSは衣装が変わってる。
真っ赤な衣装。赤以外の色がなかった。
凄い奇抜だけどみんな似合ってた。
初披露された時は真っ白な衣装だっただけにギャップが凄かった。

Wow o wow o.....

イントロが始まると踊り始めるNEWS。
1列になって手越さんが最前列で一番最初にニッコニコの笑顔で。この顔が超絶可愛い最強堪らない好き。入った公演今のところ一回も見逃すことなくガン見してる。全部可愛かったさすが天才アイドル。
恒例になりつつあるサッカーソングということもあり今までの振付が散りばめている。NEWSにほぼ専属の振付師である"振付稼業air:man"さん。キャッチーでファンもマネしやすい。
正直ANTHEM大好きだった芸人だったので、KINGDOMに関しては初見ではそんなに心打たれなかった。でもコンサートで見たら全然大好きになった。凄い。コンサートきっかけに急激に愛着が湧く現象を久しぶりに体験した。
センステでNEWSが踊る姿が見れて本当に会えたんだーって、やっとここでコンサートにきた実感が湧き始める。


03.TWINKLE STAR

もう!!!この!!!!手越さん最&高!!!!!!!!
手越担は全力で頷いてくれるはずだ。めっちゃ可愛い。可愛い。ひたすら可愛い。目が離せない。離れない。だから他のメンバーの記憶がほぼない。それぐらい可愛い天才。サビ最後の(´・ш・)TWINKLE STAR♡と、このように語尾にハートが見えるくらいの可愛さ。いやなんで手越祐也こんなに天才的に可愛いの。これが30歳って嘘でしょこんな世界信じたくない私より年下に全然見える。
ステージの十字に各メンバーバラバラになってしまうので、席によっては見辛さは出てしまうと思う。でもTWINKLE STARはモニターに映されるので入った方にはぜひ見てほしい見ろ。
ちなみにアリーナ入った時は死角になっていたので近くにいたシゲアキさんみたらめっちゃかっこよくに色気含めて踊ってて、TWINKLE STARってメンバー色が出るんだなって思った。これは担当によって捉え方が全然違うと思う。
TWINKLE STARは手越祐也最強最高アイドル堪らんって再認識させられた。
踊りもキャッチーで見てて楽しい。マネしたくなる。


03.紅く燃ゆる太陽

"紅く燃ゆる太陽 溶けて逝く
遥か地平線の果て目指し 駆け出そう"

はけたJr.も出てきて、ここを力強く歌ったかと思えば、手越さんが(´・ш・)dance♡と言った後にでかい特効がきて、びっくりするし、尚且つカッコよくガシガシ踊るもんだから、もうカッコいいと可愛いが混じった感情が発生して忙しかった。顔は可愛いのに魅せ方がカッコいい。え。好きしかない。
4人で歌っているからかCD音源と若干音が違う気がする。キーが高くなってると思う(自信がない)。


04.LIVE

ぎゃああああああああああああ!!幸福魂出のど新規の私は初見ですよーーー!!!!会いたかったー!!!初めまして!オーイエー!!!!!!!
前奏中にJr.になんかつけられるNEWSちゃん。
この時にJr.にウザ絡みするてごにゃん可愛い。困った顔するJr.も可愛い。同期の大河くんは若干呆れ顔で同期ー!!って関係性に萌えたりしてた。
Aメロが始まると各十字ステージにいたメンバーが機材上からゴム紐に吊り下げられ飛びながら、センステを経由せず反対の十字のステージに移動する。紐にぶら下げられながらピョンピョン〜と上下運動するアイドルたち。衝撃映像。でも可愛い。しんどい。
まだ私たちは無重力にいるのね。宇宙にいることを思い出した。

(´・ш・)何もないまんまで過ぎて行く そんな日々は もうやめた

歌い出しが手越さんでしかも超可愛く歌ってるの。ぶりっ子してるでしょって言いたくなるぐらい楽しそうに飛びながらぶら下げられながら歌う手越祐也最強アイドル可愛い。可愛い。好き。自分のパートが終わると(´・ш・)てごにゃんだよ〜!!♡やっぱりぶりっ子してた!!!!確信犯かよ!!!!天才!天使!!!NEWS全員エンジェルになってた。可愛いの塊。
ステージに舞い降りるたびに、また機材をJr.に付け替えてもらってまたその隣のステージに飛ぶ。ほらやっぱりNEWSちゃんは天使でしょ????その度にてごにゃんJr.に絡む。可愛い。

Cメロに入る前にまっすーがリ`▽´ノリシゲが、回ります。と言うもんだからどうするのかと思い、シゲを見ると笑顔で宙でくるりんと回る加藤シゲアキ30歳の威力
そして、全員ステージから降りたかと思えば

"抱きしめてもいい?抱きしめてもいい?抱きしめてもいい?抱きしめてもいい?"

このパートのシゲアキの可愛さやべえよ。まじでやべぇ。エアハグラッシュかましてくれるんですが、その動きがまじで可愛い。分かる人には分かる話ですがコンサートで歌うさくらガールの目をくしゃくしゃにするシゲアキを思い浮かべてくれれば容易に想像できると思う。その顔でエアハグされてみ???無理じゃない???あまりにも可愛すぎてあんなに手越さんにロックオンだったくせに、ここだけはシゲアキに視線奪われちゃう。好き(ちょろい)


05. ワープ中 -INTER-

暗転してモニターには宇宙の映像が。
あ。私、宇宙にいた(忘れがち)
しばらくするとLETS GO TO THE PLANETSがBGMに流れ始める。何気にこの曲、2012年の美恋で披露されましたが、元は2004年の希望〜yell〜のカップリングで思ったよりも歴が長かった。多分宇宙だし歌うだろうなぁって勝手に思ってたらここで使われるとは。急にゆるゆるな空気感。そして謎の生物が出現する。あれは宇宙生物…!!!??
初見の時はキモ可愛いには至らず子供によっては近くでみたら見たら怖すぎて泣くやつでは…?と思ってしまった。
3匹(数え方合ってる?)の宇宙生物の可愛いやりとりが見れます。今後の展開が楽しみになる。ワクワク。


06.LPS

また暗転して、明転すると宇宙生物はいなくなり、NEWSが大きい外周にのって登場。
衣装も変わって銀のポンチョみたいな可愛いのにカッコいいやつ。外周が高くなって、スタンド前列まで高く上昇する。会場によると思うが広島ではスタンド2列目で同じ目線。城ホでは4列目あたりが目線同じぐらいの高さになってたと思う。
そこでびっくりなのはNEWS4人連なってまとめて移動してくる。ドームだと当たり前の光景かもしれないけど、NEWSファンは担当ロックオンすることもあるけど、箱推しの人も多いからスタンドに入り外周まとめて全員でこられると待って!!!1人1人見たい!!!まとめてこないで!!!!って現象に見舞われる(個人談)
アリーナに入ると当然見上げる感じになるのでステージに現れたJr.を見ながらLPSのフリをやる余裕はあるが、スタンドの人たちはそんな余裕ないと思う。スタンドに入ってLPSのターンでNEWS来た時に踊れた試しがありません。無理。感情が忙しいんだ。そしてまとめてくるな(贅沢)


07.NYARO

まだ外周半分残っている。
もう定番になったNYARO。
C&R楽しい。コンサートきたー!!!って改めて実感。
もうほんとうにNEWSにこんにゃろー!!!って言いたくなります。
ファンを煽るNEWSちゃん可愛い。


08.恋する惑星

外周を綺麗に1周して、ステージに戻ってきます。
LETS GO TO THE PLANETSに近い可愛いソング。NEWSってみんな30歳越えたのにまだまだ全然可愛い歌いける。余裕。それぐらい若いし、本人たち自身が可愛い。振付も可愛くて堪らない。Jr.も踊ってて、ファンも踊らされます。そしてNEWSちゃんたちも可愛く踊ってて堪らない。十字ステージ全方向、全員で移動します。
集団行動NEWS可愛い。まっすーの可愛いラップで3人がぎゅーってするの堪らない。KA!WA!I!I!!!!!
嬉しい!楽しい!大好き!!!!


09.銀河ラプソディ(小山さんソロ)

小山さんと山下さんの未音源ユニットソング。
2年前も錦戸さんとの未音源ユニットソング「ロメオ」に続いて、ソロとして復活させた。
映像から始まって物憂いにふけてそうな小山慶一郎がモニターに映る。最年長の色気を醸し出してきます。
曲中も映像が挟み女性と絡み合うシーンが凄い…そして身体を鍛えているから脱ぎたがる小山さん健在。
うーん、やはり脚長くてスタイル抜群だし肌も綺麗で、なぜか女としてジェラシー湧く。カッコ良くてズルいと感じてしまう(謎)


10.Sweet Martini

待ってましたあああああああああああああ!
マティーニさまああああああああああああ!

チュムチュムのカップリングで歌って欲しすぎて少プレにリクエストしまくってた楽曲の一つ。私の大好きな作詞家でもある「zopp」さんが提供してくれた楽曲。あんなに可愛いのが続いてたのに、小山さんのソロの延長で色気ソングの流れ天才!!!!!!衣装も変わって金に近いテイストのワイシャツと黒パンツ。
まっすーの「Sweet Martini Baby」聴いた瞬間、意識飛びそうになった。歌声だけなのに、色気が凄い。
これも十字ステージに分かれて、歌うんですが、手越さんお得意の可愛いのにかっこいい現象発生
不敵な笑みを魅せながら踊る手越祐也本当にかっこいい。好き。しんどい。

"胸に秘めたこの思い もしも打ち明けたのなら 全てが壊れてしまう Can' t do it I know I know I know but I can't Oh no
叶わぬ恋と知っていても"

ここのマスシゲやばい(やばい)
モニターに二人が良い感じに映し出されるんですが、シゲが上ハモでまっすーが下ハモの親和性やばい(2回目)
二人がハモるのは珍しくなくなってはいたんですが、こんなお色気ソングでお色気が100倍ぐらいに感じられる威力。
最後はシゲソロパートですが、上ハモの延長で高めの声で歌い上げる姿は妖艶。

サビで各メンバーの"I'm so into you"がモニターに映し出されるんですが、アタックされている立場なはずなのにもうこっちはメロメロになっちゃってます。好きすぎてつらいです。こんなんされて落ちない女の人は凄い。尊敬する。ちょろい女だからすぐ落ちる。
曲半ばで一旦全員がセンステに戻るとそこにはバーカウンターが登場してる。マティーニらしきものを呑むメンバー。空グラスだと思ってたら、アリーナから見るとちゃんと丸い氷と水が入ってるのが見えてそれを不敵な笑みを浮かべながら本当に飲んでた手越さんを目撃した時はやばかった。エロくて頭おかしくなった。


11.madoromi

あんなにお色気たっぷりソング歌っておきながら今度はバラードで聴かせてくるNEWS。
高低差激しすぎて耳がキーンなるわ。
LPSのカップリング。
上から目線になってしまうが、去年のNEVERLANDからカップリングを積極的に入れてくれるようになってすごく嬉しい。幸福魂入ってNEWS好きになってコンサート行くとカップリングのあまりにも歌わなさに驚いた記憶がある。あの曲聴きたいなぁってなってコンサート入ってみると楽しかったけどあの聴きたかったなぁってなることがあった。
こういう成長が見れて本当にただただ嬉しい。
素敵な楽曲が多いから、これからも積極的に少プレでも歌ってほしい。
曲が終わり暗転すると会場からあったかい拍手が溢れて胸がジーンとなる。


12. ドッキング -INTER-

暗転し、またモニターには宇宙の景色。今更なんですが、このナレーションというか機長を声優の沢城みゆきさんがやれているんですが、こうやってジャニーズと声優さんが一緒にお仕事してくれるのは昔声優さんが大好きだったので個人的にすごく嬉しい案件。
沢城さんはたくさんの役を演じられているのでwikiなどで調べればどれか知ってる作品に触れていると思うので良かったら調べてみてください。
コヤシゲが出演する「NEWSな2人」のナレーションも務められています。
沢城さんの色気が含まれるクールな機長の声は堪りません。
NEWSクルーと沢城さんの絡みが聞ける貴重な音声でもあります。


13.チャンカパーナ

正直に言おう(n回目)
もう聞き飽きた。もうお腹いっぱいだ。
音楽番組に出たと思えばチャンカパーナ
ライブでもチャンカパーナ
もうチャンカパーナはいらない!!!!!ってなるぐらいチャンカパーナ聞き飽きた。
だからイントロ流れた瞬間、先ほどまで上げられたボルテージはただただ下がりになった。萎えた。
嘘でしょって思った。それぐらい耳タコレベルの楽曲だったのだ。
私のテンションガタ落ち。

かと思いきや。センステに現れたNEWSちゃんたちは観客側ではなく、向かい合っている。
そして真ん中にはなんか機材がある。
なんだ。あれは。
モニターを見るとNEWSメンバーの正面姿が映されている。カメラだ!!!!
そのカメラには三脚とセルカ棒みたいなのがついてて、パートが変わるとそのメンバーが次のパートのメンバーにくるりん!と回してそれがモニターに映し出されていた。なんだこの機材は。
サビ入りまではみんなまじめにパートごとにセルカ棒をメンバーに回していた。
サビが始まるとおふざけモード開始。セルカ棒の取り合い。誰かが投げては誰かがキャッチしてカメラを独り占め。私が入った広島はシゲがひたすら回してはほかのメンバーがキャッチする前にキャッチしたカメラを独占してはお手振りをして「きゃー!!!」って歓声も受けていた。
ふざけんなよー!ってメンバーも怒💢ってやってて可愛かった。
城ホではまっすーになかなかセルカ棒がいかず「次、俺ね?俺ね?」って目線でメンバーに訴える姿があったり(ありがたいことにスタッフが気づけばそのシーンを他のカメラが映してくれたりもする)。
オッケーオッケーっていいながらまっすーには回さないメンバー。可愛いいたずら。別の日には小山さんがターゲットになってた。
チャンカパーナはファンサ曲になっていたのであんな風にわちゃわちゃメンバーが遊んでるだけのチャンカパーナは初めてみた。

撤回しよう。

ありがとうチャンカパーナー!!!!!!君は天才だーーーー!
というかあの機材を作ってくれたスタッフに圧倒的に感謝。ヲタクがただただ楽しい時間になった。

衣装も変わっていて、広島でまっすーが教えてくれたんですが、その衣装はシゲが撮影した写真をプリントされているんです。グループチャットで誰か良さげな写真送ってと送ったらシゲしか返事がこなかったという切ないエピソード。でもマスシゲ好きには堪らないよ!!!
まっすーがシゲ大好き♡ってなる理由もよく分かったエピでもある。コヤテゴは良い写真がなかったから送らなかっただけだよ!!!←
そこも良かったら注目してください。


14.JUMP ARONUD

少プレで披露され、CDTVSPでも披露されてほかのグループのファンからも「え!NEWSかっこいい!」と評価を受けたこの楽曲。
そうなんです。うちの子たちかっこいい曲もできるんです(誰)。
増田貴久プロデュースソング。
NEWSファンなら有名ですがまっすーはHIPHOP楽曲が好きなので、THEまっすープロデュースって分かりやすいです。
ニコニコスマイルまっすーのイメージが世間には強いかもしれませんが、まっすー本当にかっこいいんです。イケメンなんです。ギャップの塊なんです。堪らないんです。最高です。
かっこよくてどこかチャラさがある踊りたくなる楽曲。
Jr.とガシガシ踊って、さっきまでチャンカパーナでニコニコ遊んでたメンバーとは思えない。この時の手越祐也も最高。イケメン。好き。堪らない。可愛い。かっこいい。好き。


14.BLACKHOLE

またまたチャラい曲続き(言い方)
バリバリのHIPHOP!
シゲのライナーノーツでも「『JUMP ARONUD』踏まえて作ったと言ってもいいんじゃないかな」の書かれているのでそれぐらい
かっこいい!
まっすーがひたすらカッコいい。
最初はまっすーのラップで超カッコいいです。
"Ok, yeah let's get it!
宇宙の七不思議
キミは black hole (Black hole)
中を覗けば 即直滑降 (Oh shit!)
身にまとってるドレスは真っ黒 (真っ黒)
キミは good girl それとも悪女?"

まだラップはあるんですが、この悪女?のところヤバいです!!!客席の悲鳴がやばいです。
私も何回入っても声出ちゃう。それぐらいかっこいい。
色気が凄い。これはCD音源じゃ伝わらない色気。
この時のまっすーは本当にかっこいい。
手越さんの高い歌声も響き渡り最高です。
ライナーノーツで「私も頑張っております。「1」「2」「3」聞き所でっせ」と言っているだけあって、そこのシゲアキカッコよすぎる。
かっこいいNEWSがただただ見れます。


15.Thunder(増田くんソロ)

まずはシゲのライナーノーツ見てくれ。頼むから。
それを読んで聴いて。コンサート入るともう泣きたくなる。涙が溢れる。増田貴久最高ってなる。
まっすーの叫びが伝わる。アイドルってなんだろうって考えさせられる楽曲でもあった。
先程まで激しく踊る演出が続いていたので、一筋の光とまっすーの歌声だけというシンプルな演出になりすごく静寂。まっすーは叫んでるのに。どこか静かな空気感。
この時の空気だけはなんて表現すればいいのかよく分からない。


16.氷温(シゲくんソロ)

その冷たい空気感の余韻を残した上での"氷温"流れが天才かよ。どちらの空気を壊すこともなく自然な流れで始まる。
シゲアキ大先生の演出は相変わらず加藤シゲアキワールド全開で、ただただ見惚れる。
うまく言葉で説明できない。しかも考察全くできてない。3回もみたのに相変わらず難し過ぎて分からない。
ライナーノーツでは正解はないそうなので。リスナーに投げる、のもコンセプトの一つだと。
ぼけーって見ててもいいよってあったので、素直にぼけーって見てます。
ただ、最後シゲアキがヒールを履く演出はやばい。
欲を言うと歩いてほしかった←


17.AVALON

シゲのソロをうまく説明できていないので、あれなんですが、シゲのソロの演出をそのまま延長して使ってあります。Jr.もその世界観に若干加わります。そして気づいたらいなくなってる。
十字のステージで各メンバーが分かれる。
個人的に好きな楽曲なので、しっとりと聴けて嬉しかったです。
歌詞にさくらとある通り、最後桜が振ってピンクに染められる会場はまた綺麗です。
桜吹雪と言っても過言ではないぐらいメンバーはさくらまみれなんですが、そんな中でも一生懸命歌い上げる姿は美しくて儚くて桜と一緒にどこかに言ってしまいそうな手越さん見て泣きそうになったのはここだけの話。
最後にシゲが片手に桜を集めてファーって桜を飛ばす姿はカッコよすぎた…


18.IT´S YOU

AVALONと似てシンセが濃い曲。
だから流れが天才かよ。
コヤシゲ・テゴマスのシンメに萌えた演出でもあった。
センステで歌いますが、サビもメンバー全員で踊ることも歌うことははなく、コヤシゲはただただハモリに徹する。テゴマスはサビの主旋律を交互に歌うと言う珍しい楽曲でもあり、手越さんが主旋律歌ってる時はまっすーはひたすらガシガシ踊って、入れ替わるようにして増田さんが主旋律歌うと手越さんがガシガシ踊る。コヤシゲはその両サイドで歌う。
あんまりシンメ萌えはない体質ですが、これはシンメエモいってなりました。
手越さんがただ美しかった…。


19.星に願いを

まさかこの曲を前半に入れてくるなんて思わなかった。
終盤に歌うと思っていたので色々と予想外。
十字のステージの一つにメンバーが集まって座るとそこのステージがまさかの上昇。お前も上がるのかよ。
上昇してクルクルとステージが回り出す。
メンバーが連なって幸せそうな顔で歌っている姿を見てこちらまで幸せになる。
AVALONとでステージ上にいっぱい散らばってる花びらを集めてメンバー同士でかけあったり、イチャイチャしたりと幸せな空間がそこにはあった。
ここもまた幸せ過ぎて泣きそうポイント。


MC

EPCOTIAの燃料補給の為、トークステーションをお楽しみくださいと機長に言われる。
楽しいMCタイムですね!!長かったね!?
ここまでで15000字近くいってるから自分でもびっくりしている。それだけ盛りだくさんなんだよ!今回のLIVEは!
これは各公演のレポで回っているので探してみてくださーい。本当にNEWSが仲良くて面白くて楽しい。
てごにゃんがひたすら楽しそうで可愛い。
年上3人(言うてもシゲは同じ年)は呆れながらも構ってあげる感じがまた可愛い。
嬉しそうなてごにゃんが可愛い。口を馬鹿みたいに開けて笑ってる姿は本当に愛おしいです。


20.プラトニック(手越くんソロ)

これはガチャです。
手越さん、MCの途中で機長に呼ばれて居なくなってしまうんですが、その理由が客席に移動するから
スタンドだったり、アリーナだったり神出鬼没です。
突然スターが目の前に現れるんだからお客さんびっくりだよね。
まさに手越祐也。手越さん大好きバラードソング。女性視点でもあるんですが、シゲのライナーノーツを見てくれ(n回目)
解釈を知って聴いて、それを歌い上げる手越祐也にもう好き。リア恋こじらせる。しんどい。
最後の「君だけを」の表情がたまらなくて!!!!もう!!!好き!!!!


21. 異星人とのコンタクトについて -INTER-

暗転して、明転するとまたあの宇宙生物が。
なんやかんやあってキャッキャ遊んでます。
UFO見つけて遊んでます。楽しそうだな。
すると機長から「宇宙生命体を見つけたらペンライトをかがけてください」と命令されます。
なんてタイムリ
みんなあのソードペンライトかかげますよね。
そしてもう一度ペンライトを消して、その宇宙生命体を指し、ライトを同時につけてくださいって言われます。
そこは手動なんだってふと我に返る。
"あ!見つかっちゃった!"って驚く宇宙生物たち。
え。どこから気づかれてないと思った!?!?
とんだ天然ちゃんだな!?!?可愛いな!?
すると"あ!UFOだー!"いやいや、お前らやん???そうやって逃げる作戦だろ!?って思うと暗転してとある曲が流れ始めます。


22.UFO

どうやら本当にUFOがやってきたようです。
ここからダンスメドレーです。NEWS自身も体力の限界と戦ってる感があります。
衣装も変わってピンクとオレンジのポップなカラーにシルバーが入っててUFO感があります(どんな)
私の大好きな手越祐也さんが見られる時間である。
ずっとニコニコ。今までの楽曲もニコニコ楽しく踊っていたけど、個人的になんでか分からないけどこの曲の手越さんがすごく好きである。
振付がシンプルで面白いんだよなー。
不敵な悪い笑顔と幸せそうな笑顔がいい感じに混ざって見られるからかな…?手越祐也の表現力本当にすごいんですよ。イッテQのイメージの手越祐也はいないんですよ…(MCではいるけど笑)
本当にカッコよくて可愛くて大好き。
有名なUFOソングありますが、それを彷彿させる振付もあるのですごく楽しいです。


23.EMMA

エマーー!!!ここでくるかー!!!ってびっくりしました。むしろここまできたらもう歌わないと思ってたから二重にびっくり。
NEVERLAND以来のEMMA。衣装がポップだけど、あのコートさえあれば一瞬にしてあの世界観が戻ってきます。さすがです。リップ音が健在でなによりです。
コンサートでしか聴けない手越さんの生歌のEMMA大好きです。


24.EROTICA

EMMAの余韻を残しつつ、色気を増すNEWSちゃんたち。セクシーです。
EROTICAを口説いてるはずなのに、どっちがEROTICAなんだか訳わからなくなる(褒めている)
ダンスがなんか可愛いけどどこかエロい。
手越さん、花魁みたいに見えた。女になって誘っているように見えた。私の中のおじさん心がなにか疼いた←
シゲも見て伏せ目が本当にエロいよーー!!!
シゲアキの伏せ目担みたいなところある。
そんなに激しく踊っているようには見えませんが女性らしい動きがいくつも取り入れられて体力奪われていくダンスだなって感じました。
でも手越さんは終始ニコニコ可愛い。凄い。一瞬足りとも辛そうな表情を見せないプロ。体力が底知れない。


25.メガロマニア

チュムチュムのカップリング!メガロマニアきたー!!!カップリングを大盛り上がりのところに入れてくるなんてどうしたNEWSー!!!!
あまりの成長ぶりにビビっている。
こんなにファンが見たかったものをみせてくれるなんてもうお腹いっぱいだよーー!ありがとうー!!!
でもここでメンバーの疲れが若干見え始める。
特に増田さんがキツそうで、見てて倒れるんじゃないかって不安になる。手越さんはそれでも悪い笑みを浮かべながらダンス。やだかっこいい。好き。小山さんも余裕ぶってるけどどこかしんどそう。シゲも時にふぅ!って気合いを入れ直している姿を見てあぁ!頑張れ!NEWS!!!ってなってる。本当に限界と戦ってる。
どうやって楽しんだらいいのかわからないけど、でもこのメガロマニアは本当にかっこいい。Jr.と一列になって交差するように踊って、ハロプロ好きなら分かるがモー娘。のシンクロダンス見ているようだった。
こんなことまでできるようになったんだねー!って成長を感じた。


26.MR.WHITE・QUARTETTO・NEVERLAND・EPCOTIA- REMIX-

メガロマニアが終わったかと思いきや今度は突然「MR.WHITE」が流れ始めます。4人なって復活して美恋・10周年の幸福魂なら考えると、世界観を作ってコンサートを4人でやるのは初めてのアルバムの代表曲でもありました。おぉ!懐かしい!
すると今度はQUARTETTOと4人の声とともにあのダンスが始まります。もうみんなの体力の限界マックス。
メンバーお互い「うぉい!ふぉーい!」ってリーダーでもある小山さんを筆頭に励ましあってて、カッコいいなぁってなった。忘れかけるけど、小山さんがリーダーだー!!!本当にカッコよかった。 QUARTETTOのダンス大好きなのでまた見れて嬉しい。
次はNEVERLAND。ナレーションも聞こえてきて、あれ。NEVERLANDに戻ってきた?って錯覚するほど。
そして次はEPCOTIA。あれ?やっぱりEPCOTIA?というかOPに戻ったな??ってなると、またNEVERLAND。ダンスがうまい感じにまとめられていた!はー!NEVERLAND大好きだよーー!!
そしてNEVERLANDを歌いきったかと思えば360℃モニターがステージ下まで下がり暗転。


27.時空の歪み-INTER-

暗転して、機長から"時空の歪みが発生しました"と知らされる。UFOとEPCOTIA LINERがなにかしらで接触してしまった影響??
モニターにはNEWSが時空の歪みに巻き込まれかけている映像が(?)。WHITE魂のように色んな指示が出ます。ペンライトかかげて!クラップして!口笛吹いて!足踏みして!
口笛とか割と無茶振りしてくるな!?!?(できない人)
あと手を繋いでペンライトかかげて!って言われるけど見本が欲しい。あんまりやってる人いない。
そして、"時空の歪みが戻りそうです。最後にまたクラップをお願いします"とリズミカルなクラップをやらされる。おや?このクラップどこかで聞き覚えが…??


28.4+FAN

モニターが再び上昇し、そこにはNEWSが。
NEWSが戻ってきたーー!!!
良かったー!!!!
WHITE魂のONEの時に着ていたやつと似ている大きめな服にまとわれながらNEWSちゃん登場。
アリトロに乗り、前半に乗ってた大きい外周に各メンバー移動。あ。今度はバラバラで移動するのね!
4+FANも定番曲になっていますが、この曲のC&Rは何回やっても楽しい!


29.D.T.F

大きい外周トロッコに到着したメンバーはまたそのまま周り始めます。
センステでJr.が楽しく踊ってるのも可愛い。
スタンドに入ってたときはもう目が忙しかった。
どこに誰がいるのかイマイチ把握できてなくて、尚且つDTFなもんだからリズムに乗らずにはいられなくて。
感情が忙しい。
まっすーが目の前にきて楽しくて思わず友達とうちわも持たずバイク乗る振りつけしたら、こっち見て笑って真似してくれて不意打ちすぎて担降りしかけた(ちょろい)
コヤマスが目の前で「俺だけを見てろよ」と小山さんがまっすーに顎クイするのを見れて大満足。


30.Weeeek

外周を半周したところでど定番のWeeeek!
もうこの曲を聴くとコンサートが終わりに近づいていると思ってしまうから、楽しいけど悲しくなってしまう切ないソングになっている。
この時にテゴシゲが目の前にきて、トロッコを乗り替わる時に手越さんがピョーンって両手上げて飛んでて可愛すぎて吐血するかと思った。5歳…天使…可愛い…辛い…好き。
友達がシゲ担だったので友達とちゃっかりシゲから目を合わせて「ありがとう」って言われながらお手振りいただいたので、ひゃー!男前ー!!!ってなりました。
私も手越さんに満面の笑みでお手振りもらえて泣いた。
あんなにお目々大きいのに、その目が線になってなくなるくらいニコニコお手振りしてくれて本当に天使だった…。離れたあとでも同じようにたくさんのファンの子にお手振りなどのファンサしてもうそれをただひたすら眺めるのが幸せ過ぎる時間だった…。
手越さんのファンサしてる姿見てるの本当に大好きでずっと見てられる。幸せそうにファンの声援に応える手越祐也最強最高アイドル。アイドルが天職ってよく分かる


31.U R not alone

外周トロッコが止まりそのまま上昇していく。
NEVERLAND以来のNEWSとみんなで歌う。
去年のドームみたいな辛い感じじゃなくて、幸せいっぱい溢れるU R notaloneだった。楽しかった。メンバーみんながあんなに幸せそうに歌ってる姿が見られるのが、こんなに幸せなことなんだと実感させられた。


32.イノセンス

あぁ、終わる…終わってしまう。
終わる。終わらないでーーーー!!!!帰りたくないよーーー!!!
NEWSらしい明るいけどどこか切ない楽曲。
外周から降りて、アリトロでまたセンステに戻って、センステでクルクル回りながら歌うNEWSを見て切なくなる私。
まっすーのパートでもある"今も心(ここ)で メロディー歌いながら"が大好きで増田さんの歌声の素晴らしさに感動する。
Jr.紹介もあって、手越さんがひたすら「MADE10周年おめでとう」って言ってて大河くんたち含めて同期愛感じた。
バイバーイと!また360℃モニターがまた降りてきてNEWSたちを覆っていなくなってしまうのはやはり寂しかったーー!でも楽しかったーーー!!!ありがとうーーー!!!


33.エピローグ-INTER-

機長が地球です。帰ります。的なセリフが聞こえる(もうここらへん記憶が曖昧)
エンドロール的なものがモニター流れてあぁ…終わっちゃったよー!嫌だよー!
そこには「END」の文字が。辛い。
終わらないでくれーーーーー!!
すると"終わっちゃった…さみしいな…"あの宇宙生物が。
分かるよ…寂しいよ…結局いいやつだったんだね…
"手を繋いで帰ろう!"と。可愛いな。あんたら。
3匹が手を繋ぐとモニターに映っていた「END」の文字の横に「ING」と文字が。
3匹が手を離すとその文字は消えてしまう。また繋ぐと「ING」が。
"みんなで手を繋いだらどうなるかな!"好奇心旺盛な宇宙生物可愛過ぎる。
そして会場のお客さんたちが手を繋ぎ始める。
するとそこに映し出された文字は…?


34.HAPPY ENDING

手越さんの歌声が響く。
そしてそれと共に上昇するモニター。
そこにはNEWSちゃん。ツアーTシャツとキャップまで被ってるメンバーが。
会場のみんなとNEWSとまた歌う。
"ひとりじゃない"と教えてくれたU R notalone。
"ひとりだなんて思ったら許さない"優しい曲調のわりには歌詞が強い。
NEWSはひとりじゃないよっていつも励ましてくれる。優しいグループ。あったかい。たくさんの人がこういうNEWSの楽曲に助けられる。私もそのうちのひとりである。
シゲが最後に「幸せにするんで、NEWSについてきてください!」って言葉には嘘は感じなくて。たぶんシゲもどこかで幸せにできる!!!って確信を得たんだろうなぁ。あんな強気なシゲちゃん見たらすきいいいいいってなる。小山さんの「明日から仕事頑張れよーーーー!!!」にも元気もらう。本当に。ありがとう。
手越さんの「今日は本当にありがとう!!!」ってキー高めの声で幸せなんだなって伝わる。
まっすーの「どうもありがとうございました」の優しい声聞くとソロ曲であんなに叫んでたまっすーはどこにもいなくて本当に嬉しそうで泣きそうになってしまいました。
NEWS好きだなぁ…


コンサートが終わり「当機は無事大阪に上陸しました。この度はEPCOTIA LINERにご搭乗いただき誠にありがとうございました」とナレーションが流れ、あぁ、楽しい宇宙旅行だったなー!と実感しました〜。
なにからなにでNEVERLANDに負けないぐらいのセトリと構成だった〜!大満足!


本当の本当に今回のLIVEが楽しくて愛おしくて堪らなくて、このグループを応援していて本当に良かったって今改めて実感しています!
ずっとついていきたい!
大好き!

こうやって振り返るとすごい文字数だな…20000字越えたよ…。
ほとんど手越さんと(時々シゲ)ぐらいしか見れてないから、ほかのメンバーがどこでどんな感じなのかは全然分からないのですみません…。
でも本当の本当に手越祐也は最高にカッコよくて可愛くて素敵なアイドルなんだよ〜!!
それも伝えたくて思わずココに書いて見ました…!!!


ここまで付き合ってくださった方ありがとうございます…!
またパンフ購入して読んで随時更新したい。
NEWSは楽しいグループなので少しでも興味が湧いた方はぜひ!NEVERLANDのDVD&BDどちらか購入して観てみてください!通常盤だと爆笑間違いなしのMC集がついてるぞ♡
本当に素敵なグループです!
どうかよろしくお願いします!


次はJUMP関連のこと書きたいぞ!
圭人くーん!元気ー????(*`Å´)♡

Hey!Say!JUMPカレンダー聖地巡礼 in 京都 2018

お久しぶりです。
あけましておめでとうございました!笑
日常生活が忙しくてなかなか更新することはできませんが、久しぶりにゆっくりお休みができて(というか作った)行ってきました!!


Hey!Say!JUMP カレンダー撮影 聖地巡礼


JUMPがカレンダー撮影を京都でしたと知り、特に予定もなかったので、京都行きたいと呟いて友達から「行く?」と言ってくれて「行きたいです!!」とその場のノリで京都行き決定。せっかくだからJUMPが実際に撮影したところに行きたいとなり、カレンダー発売してからにしようとなりました。
ネットで調べたらわりとすぐどこで撮影してたのか、出てきたのでありがたかったです。

「京都行くんだから着物着たい」と話にもなり、JUMPも着てたんだし、記念に着よう。たぶん同じこと考えている人たくさんいるだろう!!!



そしていざ当日!!!!!!
同じように聖地巡礼してる方はいました。
だが、着物着ている人が全然いないwww
嘘でしょ!!私たちだけ!笑
現地の人に聞くとやはりたくさんの人は来ますけど、着物まで来る人はいないって言われてびっくりしました…。着物いいよ!!予想してたよりもリーズナブルだし、なによりこういう機会がないと着ないからね!
ぜひ聖地巡礼する方は着物着ることをお勧めします。

ちなみにこんな感じになりました。


まずはスーツ姿で撮影していた念仏寺周辺へ。

着物だったのでタクシーで向かいましたが、運転手さんが気を使ってくれて一番上まで乗せてくれて、そこから下るように観光しました。
一番最初に入ったのが愛宕念仏寺。
1200体のお地蔵様があり、自分の似てる顔が1つはあるというお寺さん(運転手さん案内)たくさんありすぎて夜に行くのは怖いです。オススメできません笑


嵯峨嵐山駅愛宕念仏寺 タクシー:910円
移動時間:10分前後
バスも出ているそうなのでそちらもご利用してみてください。


その後は坂道を下り、平野屋さんへ。
JUMPちゃんたちがお茶していたところですね。
お店の中に入るとカレンダーが飾られていました。


桜餅が美味しかった〜♡

こちらはいのひかが撮影していたツタヤさん。
オフショで中でメンバーが食事していたお店でもあります。

そこからしばらく歩くと、JUMP全員で歩いてた坂道へ。裕翔くんで鳥居が隠れていたんですね。さすが高身長。いざ行ってみると幅がそんなにあるわけでも無く、よくこんなところで9人も並べたなとびっくりしました。しかも両側とも溝があり、さらにびっくり。

そしてまたしばらく歩くと全員で並んで撮ったところへ。
この写真だと平らなところにいると思われるかもしれませんが、そこそこ斜面です。
同じところで写真撮ろうと思ったら、後ろに溝がありそこに落っこちました笑
水は流れていなかったので幸いしましたが、撮る方は気をつけてくださいね笑

次は化野念仏寺の中にあるセブンが撮影していた仏舎利塔へ!
ここに圭人くん!それだけで興奮しました!(*´д`*)ハァハァ・・

薮くん有岡くん髙木くんが撮影していた竹の小径は工事中だったので撮影できず…断念。代わりにポストカードいただきました。

そしたらほぼ撮影場所と同じでした笑

髙木くんがいた場所も発見!


一通りここ周辺の撮影が終わり、次は高雄方面へ。
MKタクシーを捕まえたんですが、着物着てる方は1割引!
運転手のおじさんと会話が弾み、

「どこ行かれるんですかー?」
神護寺へ…」
「え。着物で登るんですか!?!?」
「はい…そのつもりで…」
「え、山登るんですよ?」
「それも思い出…」
「え。本当に登るんですか?」

運転中何回も確認されました笑
道中に、もみぢ館の本館の方に
「この方達、神護寺を着物で登るって言ってるんですけど、キツイですよね?」って確認してしまうほどに…。
「そうですね…375段階段があるので…」それでも「頑張ります!!!!」と言って、神護寺の階段前まで送ってもらいました。
その近くにある高雄観光ホテルに宿泊する予定だったので正直、ヘトヘトになってもすぐそこにホテルがあるので特に気にしてませんでした笑


化野念仏寺→神護寺
タクシー代:1,840円(着物着用の為、10%オフ)
移動時間:30分前後


いざ!!

(省略)

登りました。(所要時間:20分弱)
たしかに斜面ですし、キツイと感じましたがあまりにも現地の人が本気!?って言うくらいだからもっと辛いと思っていたら想像していたよりも短く感じました笑
ただ、やはり着物で上がるのはお勧めできません←

ひろーい!!!
受付で、かわらけ投げに使うかわらけが買えました。
3枚で200円!

すぐ近くに伊野尾さんが撮影した場所がありました。

そしてその横にはJUMP全員が撮影した場所が!!!

一目見た瞬間、すぐ分かりました!
パシャパシャ写真撮ってると清掃のおじさんがいて、お話を聞かせてくれました。
実はJUMPの後ろに映っている木は実は「紅葉」ではなく「ツツジ」だそうです。撮影したのが11月下旬だったので、すでに紅葉は散っていたみたいなので、目から鱗でした!

全体図はこんな感じ


かわら投げの場所へ目指そうと少し歩くと

いた!最初気づかなくて普通にスルーしてしまった…。
こんな大々的にあるのに。
その奥へ行くと

あったー!!!壮大な景色ー!!!!

同じ景色撮りたかったんですけど、だいぶスリリングなことになりそうだったのでやめました。
初めてやりましたが、気分爽快!


神護寺を後にし、階段を降りるとすぐそばには撮影にも使われた高雄観光ホテルが。

この日予約したホテルです。
事前に友人が「Hey!Say!JUMP目的で決めました」と伝えてくれたこともあり色々話が聞けました〜!!
「カレンダー発売前から喫茶室に来るお客さんはたくさん居ましたが、宿泊された方は初めてです(笑)ありがとうございます」と言われ、まさかの宿泊客第一号に。
正直もういると思っていただけに私たちも驚きました。

こちらが噂の喫茶室。
実際見ると、やはり「よくここを9人で…」というぐらい広さ。かなりギュッギュッギュッ〜!!

ジャンプ・セットとありますが、実際に撮影で使われたソーダは元々はなくて、撮影スタッフに言われて急遽作った物だったようです。
けれど、カレンダーの情報が女性セブンなどで解禁されていくうちにたくさんのファンが来客され「同じ物が欲しい」と何度も来られるので作ったメニューだそうです。

高雄橋周辺にはたくさん撮影場所がありました〜!



高雄観光ホテルのさらに奥に行くと「もみぢ家の別館」があります。

有岡さんと圭人くんだけが正座している全員の写真は高雄観光ホテルの部屋だと思ってお伺いしたところ「うちの部屋じゃなくて、たぶんもみぢ家さんのところだと思います」と言われました。ですので、高雄観光ホテルじゃないことは確かなので、お気をつけください^^


晩御飯はボタン鍋〜!!
イノシシのお肉ですが、クセがなくて本当に美味しかったです…!!



そして翌日。

JUMPが食べたというだし巻きたまごと赤出汁〜!
お漬物がすごく美味しくて朝からご飯3杯食べちゃいました!


撮影当時は早朝からの撮影で、6時半には始まったそうです。先に着付けを終えた圭人くんはお腹が空いてたらしくホテルスタッフさんに「お母さ〜ん。朝ご飯ないの〜?(私の妄想)」と聞いてきたそうです。
か、可愛い…天使…
お母さんは何も聞いていなかったので宿泊客さんのしか用意しておらず、一度断ったそうです。
そして一旦撮影が終わって戻ってくると「お母さん、赤出汁が飲みたい〜」とまた甘えてきたそうです。
か、可愛い。確信犯…。
で、思わず撮影スタッフに「ご飯ないの?」と確認したところ「ロケ弁はあるんですが、冷たいから食べてないかもしれません」と言われ「じゃあ、用意しちゃってもいいの?」と聞くと「え、いいんですか?」と返ってきたので承諾すると逆にお願いされたそうです。
だからといって圭人くんだけ用意する訳にいかなく、全員で喫茶室に座って赤いソーダを飲む写真の撮影が終わった後、サプライズで出したそうです。
JUMPのみんなは本当に喜んでくれたそうで、聞いているこっちまでほっこりしました^^
だし巻きたまごなど出す時に、撮影スタッフは撮影終わったはずなのに機材を退かしてくれず、なんとか隙間を見つけて配膳するのが大変だったそうなのですが、ご飯を出したことでメンバーの表情が柔らかくなりその瞬間を撮影したかったそうで、それがオフショットとして載ったそうです。


撮影が終わると逆に撮影スタッフのみなさんに「おかげで撮影がスムーズに行きました。ありがとうございます」とお礼を言われたそうです^^

圭人くんの一言で、お母さんに甘えたおかげで結果素晴らしいことに…!!!なによりお母さんの気遣いに改めて感謝…!!!
しかもお母さん、着付けが先に終わった圭人くんと待機してたスタッフさんにコーヒーを出したところ、そこのコーヒーを飲んだことによって、今までコーヒー飲めなかった圭人くんが飲めるようになったそうで…!!!

どーん!
こちらがそのコーヒー!
恥ずかしながら私もコーヒーは苦手だったんですが、思い切って注文して飲んでみると本当に飲みやすかったです…!
コーヒー独特の苦味がそんなに強くなくて普通に一杯全部飲めました。圭人くんと同じ道通ったよ〜!笑
どこのコーヒーなんですか?と伺うと「中川珈琲」という山科のコーヒー取り扱ってるそうです。
コーヒー苦手な人でもぜひ挑戦してみてください^^


さらにスタッフさんが「良かったら、みなさんが着物着付けた部屋どうぞ」と空いていたからと、ご好意でお部屋見せてもらいました…!

お泊りの特権。
ここで着物を並べて3部屋ほど分かれて着替えたそうです。さすがにどこで誰が着替えたかまでは把握できなかったそうで、そのうちの一部屋です。2階と3階の部屋で分かれて着替えたそうです。


さらにシーズンオフでしたが、圭人くんが撮影していたところに入ってもいいですか?とワガママ言ったら許可が出たので撮影させてもらいました〜!
もう本当に本当に優しい方達ばかりで、感謝感激です…

実際はもっと奥で撮影したそうなのですが、シーズンオフということもあり、片付けていないので、その手前にあった同じ構図のところで撮影させていただきました。


薮くんと光くんが歩いたであろう場所。
さすがに薮くんの岩場のところは降りることまではできませんでした笑


これだけでも満足なのにチェックアウトしてタクシーで嵐山まで行こうとしたら「車出しますよ」と嵐山までお父さんが送ってくれました…!!!本当の本当に感謝です…!!!
本当に高雄観光ホテルのスタッフのみなさんには何から何まで至れり尽くせりでした…。
聞くと昔は紅葉と言ったら高雄と言われるぐらいの観光名所だったそうなのですが、山奥にあるということもあり、ここ最近は嵐山までしか足を運ばない人がほとんどだそうです。
けれどJUMPが撮影して、たくさんの人が足を運んできてくれて本当に嬉しいとお母さんもおっしゃってました。

今回はオフシーズンでしたが、次は絶対秋に来たい…!!


なにより驚いたのが川が透き通るように綺麗だったんですよ〜!もう天候に恵まれたおかげもあって景色も最高でしたー!
6月には蛍がたくさん見えるそうです^^

4/1には河原の席も解放するそうなのでぜひ高雄観光ホテルオススメなので、みなさんどうぞ泊まってみてください。また来たくなります。


高雄観光ホテル
http://takaokanko-hotel.com


こんな感じでJUMPの聖地巡礼旅してきました〜!
最後に神護寺の人があまりにもどこで撮影したかなど聞かれて困ったもんだから聖地巡礼マップを作ったそうです。
良かったらみなさんの旅の参考になればいいも思います〜!
(またちょくちょく訂正したり、追加したりします)

オカモトケイトとイノオケイ〜オカ調を観て〜

お久しぶりです。
3ヶ月ぶりの更新です。
相変わらずクソモンペしております。おりちゃんです。


先週のオカ調観ました?
伊野尾さんがめざましレギュラーに抜擢され、1年半ほど経って""のメンバー出演(ここ大事)。
本当に予想外だったし、突然の出演だったのでびっくりしました。外人観光客にインタビューするロケ内容だったので、めざましスタッフの方が「岡本くん英語喋れるじゃん」とかどういうきっかけでオファーしていただけたのかは謎ですが、本当にありがたいことでした。
伊野尾さんの為に通訳を用意しただけなことかもしれませんが、それでも圭人くんを呼んでくれたのは本当に嬉しかった。


それよりもさらに嬉しかったのが"伊野尾慧"という存在でした。
圭人くんは頑張り屋さんなのですが、どこか空回りしちゃって周りから総ツッコミをくらう立ち位置が多いです。でも、今回は伊野尾さんがほんとの、ほんとに、全面的にフォローしてくれて…伊野尾さんのソロコーナーなのに伊野尾さんがメインなコーナーなはずなのに、圭人くんの良さを引き立てようとしているのがものすごく伝わってきて…めざまし見終わった後は半泣きでした(重)


先日JUMPが表紙を飾ったan・anでメンバーに愛のあるダメ出しをする項目に伊野尾さんから圭人くんへのコメントはこう書かれていました。

英語もしゃべれるし、紳士的だし、女性から見たら理想の彼氏だと思う。ただ…ちゃんとした面白いことを言おうとしなくていいから、もっとしゃべろう(笑)

喋るなら面白いこと言わないといけないという謎のプレッシャーからか無口になりがちな圭人くんには的確なコメントでした。伊野尾さんの「面白いことを言おうとしなくていい」は私の中でグッときました。
お、お兄ちゃあああああん。
だからなのかすごい圭人くんに気を遣って進行をしてくれて、おかげで彼自身伸び伸びとロケを楽しんでいるように見えました。
いたジャンの滑り台ロケもありがたい企画ではありましたが、やはり自担にはニコニコ楽しい企画もやってほしいわけで(仕事選べる立場じゃないのは重々承知しております)。笑わせているというより笑われているのは嫌


圭人くんの笑顔溢れるロケにしてくれためざましスタッフ及び伊野尾さんには本当に感謝です。
伊野尾さん含め、いのけとというコンビがもっと好きになったイノ調でした。


9/17の横アリのMCで圭人くんが話しやすい相手ランキングで伊野尾さんがまさかの最下位で笑っちゃいました笑
頑張れ!いのけと!二人のロケがこれからもたくさん見れますように。

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND


こんにちは!
NEVERLAND行ってきました!
このブログは元々圭人くんへの愛を綴るものでしたが、他の垢ではブログを開設していないので失礼ながらここでNEWSのことを書かせていただきます。


今回はアリーナもドームも入れましたが年々チケットが入手辛くなっています。NEWSはそれだけ人気をつけてきた。4人で。
イチゴのないショートケーキと言われた4人で。
私もその4人に惹かれた者の1人です。
元はKAT-TUNのファンだったのでKAT-TUN以外まったく興味がありませんでしたが、嵐担の友人から「NEWSのチケット手に入りそうだから一緒に行かない?」と言われてちょうどKAT-TUNの現場の予定がなく、ストレスが溜まっていたので、二つ返事でまったくの知識ゼロの状態で参戦しました。
KAT-TUNのギラギラした世界観が大好きなので、NEWSは真逆のキラキラ王子様のアイドルはテレビで見てても特に惹かれることはありませんでした。
それこそ「山Pと錦戸くんがいなくなったグループ」という認識しかありませんでした。

けど現場入ったら、翌月の幸福魂のドームに入ったり、その帰りの足でFCに入ってました。


な、なんだ…!
このキラキラ感は…!
眩しい…!!
これがアイドルなの…?


私のファーストインパクト。
KAT-TUNのオラオラ俺たちについてこいよー!!!という俺様たちじゃない、正統派アイドルの姿を目の当たりした時の眩しさったら。
勝手に自分はそういうものに惹かれないって思っていただけでいざ見たら全然好きだし、現に幸せをもらった。
NEWSをもっともっと見たいって思った。


だが、翌年の2014年はテゴマスしか活動がなく、NEWSのコンサートはなかった。
2015年に2年ぶりのコンサート「WHITE LIVE TOUR」はどこか物足りなさを感じ、2016年の「QUARTETTO」も楽しかったが、私がNEWSを好き!!!となれた2013年の幸福魂のような幸せを得ることはできなかった。
24時間TVなど大きな仕事もあったりしたが、徐々にNEWS熱が冷めかけていた。
そして2017年に入りネットで様々なことがあった。
他のグループのファンたちにキツイ言葉を言われたりもした。
所詮ネットのことだから全部鵜呑みにはしなかったが、やはりこれを書かれてることによってNEWSの名に傷がついていくのは良い気持ちはしなかった。
幸せを与えてくれるはずのアイドルが、全然幸せをくれない。私はこのまま4人についていけるのだろうかと不安になった。

そんな真っ只中、今回のNEVERLANDに参戦した。
「WHITE」や「QUARTETTO」の時と違う世界観。
確かにNEVERLANDがそこに存在していた。
私は瞬く間に再び彼らに惹かれた。
幸せを与えてくれた。全力でアイドルとして全うしている彼らの姿がそこにはあった。

そして東京ドーム。
1万人規模だったアリーナ会場とは違い何倍ものファンがNEWSの為だけに集まる奇跡の空間。
ここでさらに彼らに驚かされる。
「あれ、ドームの使い方が上手くなってる…?」
特効やライトの演出が歴代に比べて過去最高になっていた。
ドームは広すぎるあまり座席によっては全然楽しめないことが私にはある。
けど今年のNEWSは今までとは一段と違った。
去年から使用されていた制御ペンラがこんなに美しいなんて知らなかった。魅せ方が違うだけでこんなに違うんだ。
そして何より会場が暖かった。
ファンが一つになっていた。
C&Rも全員全力だったし、みんなの気持ちが一つになってるのが直で感じられた。

最後の楽曲である「U R not alone」はファンと合唱するところがあるが、

たとえばこの声が 届くならば 誰でも良い 聞こえますか
胸張って さぁ 叫ぶんだ
全部詰め込んだ この宣誓を
僕は誓うよ 一切引かないし一切負けない
自分で決めた道のうえ すべてを賭けて
笑えるように やり抜くぞ


なんども歌えば歌うほど感情が高ぶって声も大きくなるし、涙腺が緩んでしまう。
NEWS本人たちにも、私たちのファンの感情があまりにもリンクし過ぎて泣かずにはいられなかった。

メンバーも徐々に涙が溢れるのを目の当たりにしたらもう私の涙腺崩壊。


5万5000人と4人が一つになった瞬間。


アンコールで手越さんが号泣して出てきた時はもうしんどかった。普段メンタル強いバラエティもこなすアイドル手越祐也が泣いてるんすよ。言い忘れましたが私のNEWSの担当は手越さんです。好きです。
キラキラニコニコアイドル手越さんが大好きだから彼があんなに泣いててほんとに辛かった。
普段あんなに強がっておちゃらけて自由気ままに生きる自己中手越さんですが、誰よりも打たれ弱くて泣き虫で、私の中の母性が爆発した。
守りたい、大事にしたい、って思った。
あんなにネットや週刊誌でさんざんなこと書かれ、熱が冷め始めていたのも事実だったが、もうあの涙みたらすべてを許したくなってしまう。
あーバカヤロー大好きだーー!!!
あんたのこと大好きな人がこんなにもいるんだぞー!!大事にしろよー!!!反省するとこはちゃんとしろよー!!!あー!!!好き!!!好き!!

って感じのチョロい私でした。


NEWSが大好き。
手越祐也が大好き。
これからも応援させてください。
幸せをありがとう。



さて、地元に帰ってきて間もないですがこれから℃-uteラストライブのライブビューイングに行ってきます。
感情が忙しい。足りない。今日もたくさん泣いてきます。


アイドル最高!!!!!

生まれてきたのは嘘じゃない!オカモトケイト、24歳。


このブログやってて1年以上は経っているはずなのに、去年圭人くんの誕生日を特に記事にしていなかったので、今年こそは!と慌てて記事に起こしている。
(去年なにしてた?と冷静に考えたら、自担が事務所辞めてしまった日でもあったのでしんどかったのを思い出した)

お題「岡本圭人の誕生日を祝おう!」

4月1日、岡本圭人くん24歳お誕生日おめでとうございます!
圭人くんの存在をちゃんと認知したのは2015年の今頃だから全然新参者なんですが、今こうやってお祝いできることがすごく嬉しく思います。


私はTHEアイドルが大好きなので、ダンスが上手かったり、歌が上手かったり、パフォーマンスを魅せることに長けている人に惹かれてしまう傾向にある。
だから岡本圭人くんみたいなタイプはぶっちゃけ初めてでした。
ダンスもグループで一番苦手で、歌もそこそこ、特技はギターだけど披露する機会がなかなかない。今までの私から考えるとパフォーマンス的に惹かれる要素はゼロでした。

けど、私が「あ!この子好き!!」って確信できたのは少年倶楽部プレミアムのchau#を観た時でした。
パフォーマンスではなく、完全に愛嬌でした。
ニコニコ楽しそうにメンバーたちと歌って踊る彼に視線を奪われました。見ているこっちが幸せな気持ちになってしまう。


いざ、過去の動画など検索してみるとあまりテレビに映らないし、踊りもぎこちない、歌割りも圧倒的に少ない。
バラエティでももっぱらイジられる(おいしくない)
演技経験もほぼなし(ファーストクラスが初めての連ドラと知った時の驚きよ…)

「な、なんだこのしんどいポジションの子は…!」

コンサートDVDも9人もいるから当たり前だけど映る時間が今までの自担達より圧倒的に少ない。
うわーなんて子を好きになってしまったんだー…って正直思った。他のメンバーが仕事もらえると勝手に焦っちゃうし、新曲が出るたびに歌割りを変に気にするようになってしまった。
そして気づいたら、彼が大事に扱われないとブチ切れてしまう嫌なモンペになってしまった。

でも今はわりと落ち着いている。
けとぺでなんだか色々思いつめているようにも捉えてしまったが、今は大人しく彼を信じようと思う。



圭人くんは他人には甘いけど自分に異様に厳しい。
しかも頑固。雑誌のインタビューでもよく「俺はまだまだ」とずっと高みを目指している。ハングリー精神が凄いと思う。
たまにあまりにも自分のことを卑下にし過ぎて「なんでそんなこと言うの?こんなに好きなのに伝わってない?そんな圭人くんが好きな私はダメなファンなの?」と思ってしまうことがありますが、圭人くんはファンに恥ずかしくない自分でいたいからこそそう言ってしまう。
もっと気楽でやっていいんだよって言ってあげたいけど、時はアイドル戦国時代。頑張っていただなければならない。こんなに頑張ってるのに…!とは思ってしまうことはあるけど「頑張りを評価するのは自分じゃない」早く圭人くんという眩しいアイドルがもっともっとたくさんの人たちに見つかりますように。


最近歌番組でニコニコな圭人くんが映った時、Twitterでも「あれ、岡本くんこんな可愛かったっけ?(かっこよかったっけ?)」というツイートを見かける機会が多くなったと思います。やっぱりそうだよね。見つからないはずがない。
圭人くんが笑ってる姿見てこんなたくさんの人を幸せにできる力があなたにはあるんだよ。
今年はJUMP10周年。素敵な時期に圭人くんのことが知れて私は幸せです。


メンバーのことを素直にかっこいい!可愛いって褒められる圭人くんが好きです。
「メンバーのこういうところが好き」と本人に『好き』と直接伝える圭人くんが好きです。
メンバーたちも圭人くんのその言葉でモチベーション上げり、照れたりしてて可愛いなって思ってます。


誕生日が4月1日で、エイプリルフールですが一昨年のJUMP CARnivalの横アリ公演で「キャッチフレーズ考えたんだ♪」と得意げに「誕生日4月1日。エイプリルフール。でも生まれてきたのは嘘じゃない!岡本圭人です!」天才かよ。
もうこの時の圭人くんが本当に可愛くてだな…


圭人くんは徐々にダンスも歌も徐々にうまくなってるし、彼がやりたがってる演技もこれからだし、まだ20代だから全然伸びしろしかないよ!!!!OTTで言ってた「高みを目指して!」の言葉を信じてこれからも見守り続けます。



とにかく!!!私が言いたいのは!!!!


岡本圭人』という1人の人間が本当に本当に大好きで、
こんな素晴らしいアイドルに今、出逢えて良かったです。
こんな幸せをたくさんくれる岡本圭人くんがもっともっと幸せになりますように!!!


24歳になった彼がどんな景色を見せてくれるのか今からとても楽しみです。


お誕生日おめでとう!
大好きです!!
嘘じゃないよ!!!!


たくさんの人にお祝いされてね!
4月1日エイプリルフール、あなたがいない誕生日会が世界各地でお祝いされるのも嘘じゃないよ!!!
私も全力でお祝いします!